17年版iPhone、ガラス製筐体採用なら鴻海打撃も(追記)

EMSOne
【EMS/ODM】 17年版iPhone、ガラス製筐体採用なら鴻海打撃も

Apple_iphone_layer_image1.png

米アップル(Apple)のウオッチャーとして著名な台湾KGI(凱基)証券の郭明錤(Ming-Chi Kuo)氏が
最新レポートで、アップルがスマートフォン「iPhone」の2017年モデルで、筐体にガラス製を採用するとの
観測を出したことで、台湾市場ではiPhone現行モデルに金属製筐体を供給する台湾Catcher(可成)や、
台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)傘下のFoxconn Technology(鴻準)の先行きに
懸念を示す見方が浮上している模様だと報じられています。


台湾の通信社『中央社』が報じています。
それによるとKGI証券の郭氏は、スマホのハイエンドモデルに金属筐体を採用する競合が
増え続けていることを受け、アップルがiPhoneの筐体に新たな材質を探し始めていると指摘。
量産の点から選択肢はガラス、プラスチック、セラミックに絞られるとの見方を示しています。
うちプラスチックは薄型軽量化に、セラミックは公差にそれぞれ難があるとした上で、
第一の選択肢はガラスになるとの見方を示しています。

郭氏はさらに、17年版iPhoneの設計が「iPhone 4」「iPhone 4s」と似たものになり、
前面と背面にガラスを、側面に金属を採用するだろうと指摘。
iPhone 4との違いはパネル、筐体とも曲面になることだとしています。

17年モデルのその他の特徴として同氏は、サイズは5.8型で、パネルはアクティブマトリクス式
有機EL(AMOLED)、ワイヤレス給電や、顔認識か虹彩認識が導入されるとしています。

関連記事
(16/05/19追記)
engadget:来年の10周年 iPhoneは新ガラス筐体と有機ELで大刷新、
今年の iPhone 7(仮)はマイナーチェンジ?(KGIアナリスト)

(16/05/27追記)
日経テクノロジーオンライン:金属であれガラスであれ

当ブログ関連記事
17年版iPhone、有機EL充足なら5.5型廃止で最大サイズは5.8型
16年iPhoneにOLED搭載ある? 無線スピーカー・充電器など周辺機器も DIGITIMES調査
有機EL搭載iPhone、サイズは5.8型 初年5000万台 DIGITIMES調査
アップル、iPhone7sより有機ELディスプレイ搭載へ!計画を前倒しで

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter