LGが大型有機ELテレビを発売、豊かな明暗表現・臨場感で市場開拓

産経フォト
LGが大型有機ELテレビを発売、豊かな明暗表現・臨場感で市場開拓

LG_OLED_TV2016_new_image2.jpg
LGエレクトロニクス・ジャパンが発表した有機ELテレビ「LG OLED TV」

韓国LGエレクロトニクスは、次世代の画面表示装置となる次世代パネル「有機EL」を採用した
大型テレビの新製品を5月下旬から日本国内で順次発売すると発表しています。
豊かな明暗表現ができる「HDR(ハイダイナミックレンジ)規格」に対応。
臨場感あふれる視聴体験ができるのが特長で、市場開拓を狙うとしています。


有機ELは、電圧をかけると自ら発光する材料を回路基板に付着させ、画像を映し出します。
液晶ディスプレーには欠かせないバックライトが不要なため、闇を漆黒で再現し、
高画質と薄型化が実現できるなどのメリットがあります。
LGが順次発売する新製品3シリーズ5モデルは55型と60型があり、
発光材料は出光興産が提供するとのこと。

LG_OLED_TV2016_new_image1.jpg

想定価格(税別)は高級タイプが70万円前後~90万円前後、曲面タイプが47万円となっています。
今夏に発売する標準タイプは「液晶テレビの1.2~1.3倍の価格で提供したい」
(日本法人の李仁奎社長)考えだとのこと。
LGは2013年に世界に先がけて、高精細の大型有機ELテレビを発売し、昨年から日本市場に進出。
今年は全世界で100万台の販売を目指すとしています。

有機ELテレビをめぐっては、欧州のみで販売しているパナソニックも早ければ17年初めに、
日本、アジア、オセアニアなどで販売を開始し、世界展開することを検討しています。

>パナ、有機ELテレビ世界展開、100万円切る新モデル日本投入

関連記事
CNET Japan:有機ELは進化と普及へ--LG、全モデルHDR対応の「OLED TV」3シリーズ発売
日刊工業新聞:出光の有機EL材料、LGのテレビに採用
engadet:LGエレが「液晶テレビ比1.2倍程度の価格を狙う」55型と65型の有機ELテレビ発表、有機材料は「出光 inside」

当ブログ関連記事
LGDのAMOLED生産体制 2015〜18年 DIGITIMES調査
<中国の追撃受ける韓国LCD産業>サムスン・LG、生産ライン19本中6本閉鎖
LG、有機ELシフト加速 テレビ用パネルに830億円投資
LGD、スマホ用AMOLEDでOPPOとVIVOに照準 シャープ・JDIに衝撃も

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter