FC2ブログ

次世代iPhoneはねじって操作?―米アップル、フレキシブルデバイスに関する特許を出願

ガジェット速報より。
次世代iPhoneはねじって操作?―米アップル、フレキシブルデバイスに関する特許を出願

アップルがフレキシブルディスプレイに関連した特許を出願しています。
ひとつは「デバイスの側面にディスプレイを搭載する」
これにより、メインのディスプレイを折り曲げた際にもサイドディスプレイにより
操作が可能となるとしています。
もう一つが「曲げられるデバイス」
ディスプレイのみならず基板やバッテリーも曲げられ、また捩じったり曲げたりという動作でも
操作できるようになるとしています。
フレシブルデバイスについての特許について積極的に出願していることからもアップルが
次世代デバイスとしてフレキシブルデバイスに着目していることが伺えます。
デバイスを曲げての操作は面白そうですが、誤作動しそうでちょっと嫌ですね。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
Unwired Viewは10日(現地時間)、米アップルが、フレキシブルディスプレイに関する特許を出願したと伝えています。
次世代のiPhoneはぐにゃぐにゃ曲げることが可能になり、側面にはディスプレイが搭載されるのかもしれません。

iPhone-flexible-sidewall-display.jpg


今回公開された特許は二つで、「デバイスの側面にディスプレイを搭載される」「デバイス本体が曲がる」というもの。

「サイドディスプレイ」は、メイン画面と側面のコントロール部分に分けることで、フレキシブルディスプレイを搭載したiPhoneを折り曲げたときにも、使用可能とするためのものであるとしています。サイドディスプレイは仮想ボタンとして使用でき、カメラや音楽プレイヤーなどの機能に割り当てることが可能になるほか、メッセージなど様々な情報を表示することも可能です。

Flexible-iPhone.jpg


「曲げられるデバイス」の特許は、フレキシブルなiPhoneをどのようにして実現するかが記されています。ディスプレイだけではなく、基盤やバッテリーが曲げられる必要があるとしています。また、フレキシブルデバイスならではの、ねじったり曲げたりといった特殊な操作もセンサーによって可能になるかもしれないとのこと。
折りたたんでスリープモードにする機能や、新しいゲーム体験が実現する可能性があります。

フレキシブルなデバイスを開発中なのはアップルだけではなく、サムスンやノキアも曲げられるディスプレイや曲げられるスマートフォンのプロトタイプを公開するなど、すでに次世代デバイスとしての競争が始まっています。近い未来のスマートフォンは、曲げることによっても操作することになるのでしょうか。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter