アップル、インド攻勢 新スマホでシェア伸ばすサムスンの脅威に

REUTERS
焦点:アップル、インド攻勢 新スマホでシェア伸ばすサムスンの脅威に

apple_logo_image3.jpg

中国に次ぐ世界2位のスマートフォン(スマホ)市場であるインドでは、米アップル(Apple)が再び攻勢を強める構えで、
大きなシェアを握る韓国サムスン電子(Samsung)にとって脅威となる可能性があると報じられています。


価格に敏感なインド市場で長く首位を維持してきたサムスン電子は、マイクロマックスやラバといった現地企業や
中国勢との競争で失速しつつありましたが、新たな機能追加など製品の見直しを通じて再びシェアを拡大しています。

調査会社カウンターポイントによると、サムスン電子のインド市場シェアは2016年2月時点で30%と、
15年第4四半期の28.6%、14年第1四半期の27.4%から拡大しています。
同社は中低価格製品、特に「ギャラクシーJ」シリーズの新モデルの好調な販売が寄与したと考えているようです。

サムスンのインド部門のマヌ・シャルマ製品マーケティング担当副社長は
「差別化された製品が中低価格セクターのトレンドを主導している」と話しています。
例えば、サムスン電子が最近導入した「Sバイク」モードという機能はインドに多い二輪自動車の運転手を
ターゲットとしており、起動すると電話をかけてきた相手に受信者が現在運転中で、
応答できないことを知らせてくれます。
このほか、データをあまり多く使用せず、充電ができない環境で長時間スマホを使用できる機能などを
搭載したモデルがインドでは人気とのこと。

インド市場でサムスン電子が勢いづく中、アップルは高価格スマホのため地位固めに苦戦。
15年第4四半期の市場シェアはわずか2%だったとのこと。
そこでアップルが再度試みようとしているのが、インドにおける中古の「iPhone」の輸入・販売です。
しかし、この試みは現地の販売業者からの反発に直面しています。
実際、アップルが中古端末の販売を認められれば、サムスン電子や他社を脅かす可能性があると
アナリストは指摘しています。

<製品の見直し>

サムスン電子は14年半ばから中低価格帯を中心に製品デザインの見直しに着手。
古くて人気のないモデルを廃止し、「A」、「E」、「J」シリーズといった新モデルを投入してきました。
新たなモデルには従来ハイエンドのスマホにしかなかったメタルフレームや有機EL(OLED)スクリーンなどの
部品や機能が組み込まれています。

これらはスマホに高級感を与えるだけでなく、製品間で共有できる部品を増やし、
コスト削減とより積極的な価格設定を可能にするとアナリストは指摘しています。
韓国の東部証券のアナリスト、Yoo Eui-hyung氏は、コスト削減の効果は値下げによって相殺される
見通しであるものの、こうした取り組みによってモバイル部門の利益率は1-2%ポイント押し上げられる
可能性があるとの見方を示しています。
「サムスン電子は現在の地位を固守しようとしている」と指摘しています。

ただ同社は、国内の景気減速を受け海外攻勢を強めている中国勢からの圧力にも
引き続きさらされる見通しのようです。
アップルも、インドで中古スマホの販売許可取得を目指すほか、iPhoneの新モデル、4インチ「SE」が
新規顧客の獲得につながることを期待しているようです。

アップルとサムスン電子のインドのオンラインストアによると、「SE」の価格は値引きやキャンペーンを除き、
最低で3万9000インドルピー(587ドル)、ギャラクシー「J2」は8350ルピー、「J7」は1万4249ルピーとなっています。

価格差は大きいですが、一部のアナリストによれば、新興国市場を主なターゲットとするアップルの「SE」は
サムスン電子に脅威をもたらす恐れがあります。
特に中古iPhoneの輸入が認められれば、そのリスクは高まるとされています。
カウンターポイントのアナリスト、ニール・シャー氏は「SE発売によるアップルのポートフォリオ戦略は、
300ドル未満の中古端末向けの余地を作ることが主な狙いだ」と指摘。
「したがって200-400ドルの価格帯を展開するサムスン電子や他社は警戒すべきだ」と語っています。

当ブログ関連記事
中国2015年のスマホ出荷は2.5%増の4億3,410万台、上位から消えたサムスン
Apple、iPhoneのリサイクル用ロボットシステムを公表
インドのスマホ出荷、2015年は1億台突破:微減の地場メーカーと増加する中国メーカー
アップル、インドに新しい技術開発センターを開設へ--主に「Apple Maps」に取り組む

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter