シャープ・鴻海・INNOLUXのTV用パネルサイズ別生産棲み分け一覧

EMSOne
【液晶パネル】 シャープ・鴻海・INNOLUXのTV用パネルサイズ別生産棲み分け一覧

foxconn_logo_image2.jpg

調査会社IHSはこのほどまとめたレポートで、シャープ(Sharp)を買収したEMS(電子機器受託生産)世界最大手、
台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)のパネル生産体制に言及しています。


台湾の通信社『中央社』が2016年4月5日付で報じています。
それによるとIHSは、シャープとフォックスコンが共同運営する堺ディスプレイプロダクト(SDP)の
第10世代パネル生産ラインが、今後、45型テレビ(TV)用パネルの生産を導入すると予測。
第10世代ラインで45型パネルを生産することで、ガラス基板の切断効率は96%と、
高い効率を実現できるとしています。

レポートはさらに、フォックスコン傘下の台湾INNOLUX(群創、旧CMI)が台湾高雄に建設中の第8.6世代新工場でも
45型の生産を計画していますが、このサイズを速やかに普及させることを目的に、既存の第8.5世代工場で
先に45型の生産導入を決めたと指摘しています。
さらにINNOLUXは目下、TV用パネル生産の重点を50型、58型など大型サイズに置いていますが、
8.6世代新工場でも、45型以上の大型を生産、中国系、韓国系競合が第8世代工場で製造する
49型、55型と競うとしています。

このほか、シャープと提携する中国CECパンダ(中電熊猫)の第6世代ラインに、
INNOLUXがパネル生産を委託することになるとしたとのこと。

シャープとINNOLUXのサイズ別棲み分けについては以下の通りとなっています。

《23型》INNOLUX第8.5世代
《32型》INNOLUX第8.5世代・シャープ第10世代
《39.5型・40型》INNOLUX第6世代・シャープ第10世代
《42型》INNOLUX第8.5世代。ただ生産は徐々に停止
《45型》INNOLUX第8.6世代・シャープ第10世代
《50型》INNOLUX第7.5世代・第8.6世代
《55型》INNOLUX第8.6世代
《58型》INNOLUX第5.5世代
《60型》シャープ第10世代
《65型》INNOLUX第6世代・シャープ第10世代
《70型・80型》シャープ第10世代

当ブログ関連記事
鴻海のシャープ買収とパネル・太陽エネルギー・EMS・光学レンズ・白物家電産業の影響
「鴻海・シャープ連合」の勝機はどこだ!#01ディスプレーの2本柱は再生の象徴
<中国の追撃受ける韓国LCD産業>サムスン・LG、生産ライン19本中6本閉鎖
鴻海、シャープ買収後へ人事も着々 液晶パネルINNOLUXのトップ交代へ

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter