鴻海・シャープ、堺で有機EL量産。まず60人の陣容で 亀山から方針転換

NEWSWITCH
鴻海・シャープ、堺で有機EL量産。まず60人の陣容で 亀山から方針転換

Sharp_OLED_develop_image1.jpg
シャープが開発したフレキシブル有機ELパネル

台湾・鴻海精密工業は、小型の有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)パネルの開発・量産を、
当初計画のシャープ亀山工場(三重県亀山市)から両社共同出資の堺ディスプレイプロダクト(SDP、堺市堺区)に
切り替えると決定しています。


SDPでシャープを含む鴻海グループの技術を結集して有機ELの開発・量産を進めるとしており、
投資額の2000億円や、2017年の少量生産、18年量産開始といった計画は変更しないとのこと。

Sharp_foxconn_3888M_use_image1.jpg

SDPの遊休スペースに研究開発ラインや試作ライン、量産ラインをそれぞれ設けるとのこと。
亀山工場にこれら全てを構築するスペースはなく、同工場での有機ELパネル量産化計画は撤回。
同工場で高精細中型液晶パネルの生産能力を増強する計画は変更しないとしています。

シャープの有機ELパネル関連技術者の約40人と、鴻海子会社で有機ELパネルの研究開発を行う
フォックスコン日本技研(大阪市淀川区)の約20人が中心となり、SDPで事業化するとのことです。

当ブログ関連記事
シャープ、有機ELは堺に拠点 三重・亀山から変更検討
鴻海のシャープ買収とパネル・太陽エネルギー・EMS・光学レンズ・白物家電産業の影響
「鴻海・シャープ連合」の勝機はどこだ!#01ディスプレーの2本柱は再生の象徴
シャープとの統合がなくなったジャパンディスプレイ。次はJOLEDと

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter