FC2ブログ

救世主はソニーのスマホ

Tech-onより。
救世主はソニーのスマホ

sony_xperia.jpg


アップル、サムスンなど海外勢の勢いがすさまじいスマートフォン業界ですが、
その中で日本のソニーの製品である「Xperia」が存在感を増してきています。
台湾のEMSの一つ、台湾Arima Communications社(華冠通信)ではXperia生産の受注に成功し、
スマートフォンに出遅れた同社の救世主となりうる、と報じられています。
スマートフォンで出遅れた感のある日本メーカーですが、ここにきて巻き返しを図りつつあるようです。
とはいえトップの背中は遠く、いかにこの熾烈な争いを戦っていくかが今後も重要となると思われます。

記事本文は下記。

「フォックスコンが『iPhone』受注」
「Microsoft初のタブレット端末『Surface』、アセンブリは台湾Pegatron社が独占」
「『iMac』、最終組み立ての一部を台湾Quanta社の米工場で」
「Googleの『Nexus 7』、次世代モデルもQuantaが独占受注か」

 中国や台湾メディアの産業・金融面には日々、EMS(電子機器受託生産)やODM(Original Design Manufacturer)の製品受注についてのこうした見出しが踊る。ただこの数年、発注元として華々しく取り上げられるのはスマートフォンとタブレットPCの台頭を反映して米Apple社、米Google社、米Microsoft社、「Kindle Fire」シリーズの米Amazon.com社などの米国勢がメーンだった。

 一方、スマートフォンと薄型テレビで業界をリードする韓国Samsung Electronics社は内製が中心なので、EMS/ODMの受発注がらみで話題になるのは、Apple社に対する部品供給や、薄型テレビで台湾系業者から液晶パネルを調達したという内容が中心だ。そして日系はといえば、テレビ販売の不振やスマホ出遅れの影響でここ数年、EMS/ODM関連の受発注でニュースの主役になることはほとんどなかった。

 こうした中、日系から台湾系ODMへの発注が久々に注目を集めている。スマートフォンや携帯電話のODMとして知られる
台湾Arima Communications社(華冠通信)がソニーから、ソニーモバイルコミュニケーションズのスマホ「Xperia」シリーズの受注に成功し、出荷を本格化し始めるというニュースである。

清明節連休2日目の2013年4月5日、上海の淮海中路にあるSony StoreのXperia展示コーナーで実機を試す客ら
清明節連休2日目の2013年4月5日、上海の淮海中路にあるSony StoreのXperia展示コーナーで実機を試す客ら

 調査会社米Gartner社が2013年2月13日(米国時間)に公表した統計によると、ソニーは2012年通年の携帯電話販売で世界のトップ10から漏れた。しかし同年第4四半期に限れば約794万台、シェア1.7%で9位だった。また、調査会社IDC社が2013年1月24日(米国時間)に公表した2012年第4四半期のスマートフォン出荷統計で、ソニーは出荷台数980万台、シェア4.5%で4位に入っている。スマホ出荷でソニーよりも上位にいるのは首位から順にSamsung Electronics社(6370万台)、Apple社(4780万台)、中国Huawei社(華為、1080万台)。Samsung Electronics社、Apple社の2強との差はなお大きいものの、世界で戦う体制を整えつつある。

一方、Arima Communications社は2012年、スマートフォンへの移行という壁にぶち当たった。Arima Communications社の携帯電話出荷台数は、世界金融危機の影響を受けた2009年こそ、前年の1300万台から1160万台に減少したが、その後、2010年は1631万台、2011年には2046万台と順調に伸ばした。ただ、出荷の大半は従来型携帯電話(フィーチャーフォン)が占めていたため、台頭してきたスマートフォンへの移行とフィーチャーフォンの成長鈍化に苦しんだ2012年は
約1000万台へと半減。売上高も前年比21.2%減にまで落ち込んだほか、スマホの出荷台数も300万台前後にとどまった。

 Arima Communications社の主要顧客は、フィーチャーフォンの時代から、ソニー(Sony Ericsson社時代含む)、米Motorola Mobility社、韓国LG Electronics(LGE)社の3社。ただMotorola Mobility社とLGE社も、スマホへの移行では苦戦を強いられたようだ。

 例えば、Motorola Mobility社については、2012年4月末の台湾市場で、Arima Communications社がMotorola Mobility社のスマホ3~4機種の受注に成功したとの観測が流れた。ところが、2011年にMotorola Mobility社を傘下に収めた米Google社が2012年8月13日、Motorola Mobility社の従業員の2割に相当する4000人の削減と、世界94拠点のうちの1/3を閉鎖すると公表。台湾の経済紙『工商時報』(2012年8月15日付)は、Arima Communications社とFoxconn International(FIH)社(富士康国際)*が2012年下半期に出荷する予定だったMotorola Mobility社のスマホ、合わせて10機種が、全てキャンセルになったと報じた。

* Foxconn International(FIH)社(富士康国際) EMS世界最大手、台湾Hon Hai Precision Industry社〔鴻海精密工業、通称:Foxconn(フォックスコン)〕傘下の香港上場子会社。

 同紙によると、Motorola Mobility社は2010年、ミドルレンジとローエンドのフィーチャーフォンについて、設計と製造をArima Communications社に委託。これが中南米市場で成功を収めたことを受け、ローエンドスマホの生産もArima Communications社に託そうとした。
ところがフィーチャーフォンの不振とスマホ市場での出遅れが響いてリストラとスマホ戦略の見直しを余儀なくされた。

LGE社については、台湾紙『経済日報』(2012年4月6日付)が、スマホの伸び悩みを背景に2010年から2年間余り、生産の外部委託を見合わせていたと報じている。それによると、LGE社は、携帯電話の出荷台数が過去最高で年間1億台に達し、うち1割の1000万台を、Arima Communications社など外部に生産委託していた。Arima Communications社はこれらの影響をもろにかぶったというわけだ。

 こうした中、台湾の金融情報サイト『理財網』(2013年4月3日付)は、スマホ販売で世界3位入りを目指すソニーが2013年、Xperiaのハイエンド機種を内製する一方、外部に対する生産委託も積極的に活用すると報じた。Arima Communications社、台湾Compal Communications社(華宝通信)、FIH社の3社に対する発注規模が1800万~2000万台に達し、うち、Arima Communications社の受注量は700万~800万台だとしている。

 理財網は、Arima Communications社がソニーから受注した入門機「Xperia E」の出荷を2013年1月から少量始めていたが、同年第2四半期から各国・地域の通信キャリア向けにXperia Eの出荷を世界規模で本格化すると報道。また、Motorola Mobility社から改めて受注に成功したマホ2機種の出荷も同期に始まると伝えた。さらに、台湾の金融情報サイト『cnYES』(2013年3月29日付)は、ソニーが2013年第3四半期、台湾のIC設計大手MediaTek社(聯発科)のクアッドコアチップを搭載したスクリーンサイズ5インチのXperia入門機を市場に投入すると報道。
同機の製造をArima Communications社に委託すると報じている。

 台湾の市場関係者は、Arima Communications社が2013年の携帯電話出荷目標を前年4割増しの1400万台に置き、その全てをスマホが占めると見込んでいるとする。ただし、Xperiaの2013年の旗艦モデル「Xperia Z」が市場で好評を博していることから、相乗効果でArima Communications社が手がけるXperia Eや、Compal Communications社が受託生産するミドルレンジの「Xperia L」の販売が予想を上回り、発注が追加されることも十分にあり得ると指摘している。救世主とまで言うといささかオーバーかもしれないが、iPhoneの減速が言われる今年、ソニーのスマホが台湾系EMS/ODMの中で存在感を高めるのは間違いなさそうだ。



関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter