ミネベア、自動車向け撤退 航空機に集中 航空機用ファスナーの生産能力倍増へ(追記)

NEWSWITCH
ミネベア、自動車向け撤退 航空機に集中 航空機用ファスナーの生産能力倍増へ

Minebea_airplane_parts_image1.jpg
航空機用精密組み立て部品

ミネベアは2016年度中に自動車用締結部品(ファスナー)から撤退し、航空機部品にシフトするとしています。
自動車部品を生産する藤沢工場(神奈川県藤沢市)の一部をリニューアルし、
航空機部品の増産スペースを確保するとのこと。17‐18年度にはタイでも量産する計画です。
世界的な航空機需要の高まりを追い風に、航空機関連の売上高で20年度に現状比2倍程度の
700億円を目指すとしています。


ミネベアのファスナーは航空機向けが大半。航空機に使う球面滑り軸受のロッドエンドで世界トップ級の
シェアを誇っています。自動車向けは価格競争の激化などで成長が見込めないため、撤退を決めたとのこと。

自動車向けファスナー撤退により藤沢工場内に生じる5000平方メートルほどの空きスペースを活用し、
球面滑り軸受にハウジングなどを取り付けた航空機部品を増産するとのこと。
同部品の主力拠点の軽井沢工場(長野県御代田町)を含めた国内の生産能力は倍増する見込みです。

航空機部品はこれまで球面滑り軸受やファスナーの単品売りが中心でしたが、ここ数年は複数部品を組み付けて
納入する部品の受注が増えているとのこと。一部の量産案件は16年度に立ち上がる見込みです。
タイのロッブリ工場(ロッブリ県)に組み立て部品用の新棟も設ける方針とのことです。

関連記事
(16/06/10追記)
日刊工業新聞:ミネベア、航空機複合部品を増産−100億円投資

当ブログ関連記事
ミネベアとミツミ電機が経営統合へ(追記)
Radiant、ミネベアから流出のiPhone 6s Plus向け受注で絶好調
iPhone 6s Plusのバックライト製造に遅れ? ミネベアからRadiantに一部シフトの観測
ミネベア、受託製造に参入 スマホなど組み立て

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter