「未知状況下の意志決定支援」目指し、NECと産総研が連携研究室を設立

MONOist
「未知状況下の意志決定支援」目指し、NECと産総研が連携研究室を設立

NEC-AIST_AI-labo_image1.jpg

産業技術総合研究所(産総研)とNECは2016年4月5日、「産総研‐NEC 人工知能連携研究室」を設立することに
合意したと発表しています。研究室は同年6月1日に産総研人工知能研究センター内へ設立するとのこと。


新設される研究室では災害や異常事態への対応、新サービスの開発など、過去データを十分に
集めることのできない未知の事象へ対処するための「シミュレーションとAIの融合」を目指すとしています。
具体的には、「シミュレーションと機械学習技術の融合」「シミュレーションと自動推論技術の融合」
「自律型人工知能間の挙動を調整」の3つを研究開発の柱とするとのこと。

産総研の人工知能研究センターは「実世界に埋め込まれるAI」「人間と協働して問題解決するAI」を
研究ビジョンに掲げ2015年7月に設立された組織で、NECも2015年11月にAI事業の強化を発表するなど、
両者共に近年はAIならび周辺事業を強化していました。

研究室長には鷲尾隆氏(大阪大学産業科学研究所 教授)が就任し、
30人体制(設立時は15人程度)にて研究を進める予定としています。

関連記事
ITmedia:NECと産総研、人工知能研究で連携 災害など“未知の状況”の意思決定を支援
日経テクノロジーオンライン:NECがAI分野で産総研と提携、企業名を冠した研究室を設置

当ブログ関連記事
グーグルの自動運転車、AIが法律上「運転手」に 当局が見解(追記)
イーロン・マスク氏ら、AI研究組織「OpenAI」を創設--人類への貢献を目指す
ロボ運用モデル・頭脳・HMIをセットで開発-産総研、3センターの活動本格化
Apple、人工知能ベンチャーを2社連続で買収――“Apple Car”への布石か?

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter