トヨタ自動車とマイクロソフトが米国に新会社--コネクティッド領域で研究開発

CNET Japan
トヨタ自動車とマイクロソフトが米国に新会社--コネクティッド領域で研究開発

Toyota_logo_image1.jpg

トヨタ自動車は4月4日、マイクロソフトと共同で新会社「Toyota Connected」を、米国テキサス州プレイノに
設立したと発表しています。車両から得られる情報の集約や解析、その結果の商品開発への反映などを目的に、
トヨタ自動車のIT事業会社であるトヨタメディアサービスとマイクロソフトの合弁会社として設立されるとのこと。


新会社では、車載通信機(DCM:データ・コミュニケーション・モジュール)が装着されたトヨタ車、レクサス車から
得られるさまざまなデータを集約して解析するとしています。
また、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Azure」を採用するほか、
マイクロソフトの技術者が、データ解析やモバイル技術などの広いエリアで業務をサポートするとしています。

事業範囲は、車載サービスやテレマティクス、クルマと家やIoTの接続、パーソナライズ化、健康と安全、
クルマのスマートシティへの統合、関係会社へのさまざまなサービス、フリートサービスなど。
TRI(TOYOTA RESEARCH INSTITUTE)における研究など、現在行われている人工知能やロボット研究も
サポートするとのことです。

新会社の会長には、トヨタ自動車の専務役員である友山茂樹氏が、社長兼CEO(最高経営責任者)には、
北米トヨタのチーフ・インフォメーション・オフィサーであるザック・ヒックス(Zack Hicks)氏が就任するとのこと。

関連記事
(16/05/07追記)
WirelessWire:トヨタ、コネクテド・カー関連の新会社設立 – マイクロソフトも出資
REUTERS:トヨタ、マイクロソフトと提携拡大 ネット接続車サービス強化へ

当ブログ関連記事
つながるクルマ、ソフト更新もスマホのように――調査会社が予測
燃料電池車「MIRAI」に衛星通信機能、トヨタがクルマの「つながる化」を加速(追記)
自動運転の実現はまだ遠く、トヨタがCESで語る
トヨタとフォード、車内IT技術で提携 シリコンバレー依存軽減

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter