ドローン市場は104億円、2020年に1138億円に拡大 --インプレス総研

ZDNET
ドローン市場は104億円、2020年に1138億円に拡大 --インプレス総研

Amazon_drone_primeair_image.jpg

インプレスはドローンビジネスに関する調査結果を発表しています。
2015年度の日本国内のドローンビジネスの市場規模は104億円と推測され、2016年度には
前年比191%の199億円に拡大、2020年度には2015年度の約11倍となる1138億円に達すると
見込まれるとしています。


Impress_domestic_drone_market_image1.jpg
国内のドローンビジネス市場規模の予測

本書では、ドローンビジネス市場を以下の3領域で分析しています。

・機体市場:業務用(軍事用は含まない)の完成品機体の国内での販売金額
・サービス市場:ドローンを活用した業務の提供企業の売上額

ただし製品やサービスの一部分でのみドローンが活用される場合はその部分のみの売り上げを推計、
公共団体や自社保有のドローンを活用する場合は外部企業に委託した場合を想定して推計

・周辺サービス市場:バッテリーなどの消耗品の販売額、定期メンテナンス費用、人材育成や任意保険

この分野別でみると、2015年度はサービス市場が61億円と58.6%を占めており、機体市場が33億円(31.7%)、
周辺サービス市場が10億円(9.6%)となっています。今後は各市場とも拡大が見込まれており、
2020年度においては、サービス市場が678億円(2015年度比約11倍)、
機体市場が240億円(2015年度比約7倍)、
周辺サービス市場が220億円(2015年度比22倍)に達すると予測しています。

調査はドローン関連ビジネスを展開する企業やキーマンなど25社以上を取材して導き出した結果とのこと。

Impress_domestic_drone_market_image2.jpg
ドローンビジネスのサービス市場における分野別内訳

このうちサービス市場では、現在、農薬散布や空撮など一部の市場が確立していますが、今後、
測位技術(屋内含む)や群制御技術などドローン関連技術の開発・研究・実用化が支えとなり、橋梁等の検査や測量、
精密農業、物流、その他(防犯監視など)のさまざまな分野でドローンが活用されることが見込まれるとのこと。
また周辺サービス市場は、機体の稼働台数に比例する形で、保険やメンテナンス市場が拡大していくと
予想されています。

Impress_domestic_drone_market_image3.jpg
ドローンビジネス市場のロードマップ

当ブログ関連記事
米ドローン販売台数、2020年には年間約700万台に(FAA予想)
ドローンの量産開始 ソニー系とZMPの共同会社
アマゾン、配送ドローンの新型プロトタイプを披露--YouTube動画を公開
米ウォルマート、ドローン運行実験の許可をFAAに申請
政府、「ドローン」ルール規定-航空法改正案を閣議決定(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter