FC2ブログ

VR、標準化への道のりはまだ遠く

EETimes
VR、標準化への道のりはまだ遠く

Sony_PS-VR_image1.jpg

2016年3月14~18日に米国サンフランシスコで「Game Developer Conference(GDC)2016」が
開催されています。会場では、「VIRTUAL REALITY DEVELOPERS CONFERENCE(VRDC)」も併催。
このことからも分かるように、近年VR(Virtual Reality:仮想現実)技術は著しく進化していますが、
標準化にはまだ時間がかかりそうだとみられています。

VRDCでは「15 Years of Lessons From IEEE VR」と題するセッションが開催され、その中でVRの標準化の
進み具合について質問が挙がっていましたが、パネリストからは明確な回答は示されなかったとのこと。
その一因は、VR技術が時代と共に大きく変化していてアカデミックな観点からの標準化が難しいことにあると
指摘されています。

VR_IEEE_panelist_image1.jpg
IEEEのパネリスト。左から順に、University of Southern California助教のEvan A. Suma氏、
University College LondonのAnthony Steed教授(登壇している人物)、
コロンビアUniversidad de los Andesの准教授Pablo Figueroa氏、Virginia TechのDoug Bowman教授

コロンビアUniversidad de los Andes(アンデス大学)の准教授で、デジタルコンテンツの開発を推進する
産官学の共同プロジェクト「DAVID(Development Animation and Video Games)」のディレクターを務める
Pablo Figueroa氏は、「VR技術の標準化はまだ、まったくと言っていいほど進んでいない。
VR技術は変化が激しすぎて、これまで暫定的に決定した項目が今後全く適用できなくなる可能性もある」と
述べています。

Figueroa氏やIEEEの他のパネリストは、「遅延時間やVR酔い、空間認識、ジェスチャーなどVRに関する
数多くのテストを行った。これらは、視野角150°以上のカメラや、60Hz/90Hzのフレームレートの機器を使って
実施されてきたが、こうした機器の中には既に時代遅れになっているものもある」と説明しています。
Virginia Tech(バージニア工科大学)のDoug Bowman教授は、
「ヘッドマウントディスプレイは没入型VR体験装置(CAVE:Cave Automatic Virtual Environment)に
押される形で、10年前から人気に陰りが見られる」と付け加えています。

University College London(ユニバーシティーカレッジロンドン)のAnthony Steed教授は、
VRの遅延が人体に及ぼす影響について調査結果を発表しています。
ですが、「遅延時間が30ミリ秒以下のシステムがそろわなかったため、有効な調査結果が得られなかった」とのこと。
Steed教授は、「各大学はそれぞれ、特定の場面で利用されるVR技術について研究している。
このため、アカデミックな観点での標準化は難しい」と述べています。

Figueroa氏は、「新たに登場したVRの活用法やユースケースには、既に決定していた項目が
適用できない場合もある」と指摘しています。
Bowman教授は、「こうした問題を、旧来の手法を再検討してVR技術を改善するための機会と捉えている」と
話しています。

<ベンチマークソフトの開発も>

企業による標準化の取り組みも行われています。Futuremarkは過去数年間をかけて、
ベンチマークソフト「3DMark」のVR対応版「VRMark」の開発に取り組んできたとのこと。
同社はOculusのVRヘッドセット「Oculus Rift」などを使い、そのベンチマークに沿って幾つか試験を行っています。
ただし現時点では、ベンチマークがいつ完成するかについては明言していません。

FuturemarkのAntti Hirvonen氏は、「VRの分野は変化が速い。低遅延、高速なフレームレート、
高解像度、高性能など要件も多い」と説明しています。

当ブログ関連記事
2016年秋の発売を目指す視線追跡型VRHMD「FOVE」 総額12.3億円の資金調達で開発体制を強化
ソニー仮想現実機器「プレイステーションVR」、10月に発売へ
Samsung、平衡感覚をつかさどる神経を刺激して“動き”を感じられるVRヘッドセット「Entrim 4D」発表(追記)
HTCのVR HMD「Vive」製品版はコントローラー付きで799ドル

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter