パナら3社が全自動洗濯折り畳み機「laundroid」で合弁会社設立

CNET Japan
パナら3社が全自動洗濯折り畳み機「laundroid」で合弁会社設立

Sevendreamers_Laundroid_image.png

セブンドリーマーズ、パナソニック、大和ハウス工業の3社は、世界初の全自動洗濯物折り畳み機
「laundroid(ランドロイド)」の商品設計、量産化開発、製造、販売を手掛ける合弁会社
「セブン・ドリーマーズ・ランドロイド株式会社」を設立すると発表しています。



laundroidは、乾燥した洗濯物を本体に入れることで、折りたたまれて出てくるというもの。
何の洗濯物なのか認識する「画像解析技術」と、折りたたむ部分の「ロボティクス技術」を掛けあわせることで、
全自動化を実現しています。

セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズが2005年に開発を開始し、2015年10月に開催された展示会
「CEATEC Japan」の会場内で発表。パナソニックの洗濯乾燥機技術と家電製品開発力、
大和ハウス工業の住宅事業と医療、介護施設技術の実績を融合して、3社で共同開発していくことを発表していました。

新会社セブン・ドリーマーズ・ランドロイドは、4月11日に設立され、代表はセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズの
代表取締役社長である阪根信一氏が務めるとのこと。資本金は7億5000万円。
出資比率はセブンドリーマーズが80%、パナソニックが10%、大和ハウス工業が10%。
ランドロイドは、2016年度中の先行予約販売開始を目指すとのことです。



関連記事
家電Watch:全自動洗濯物折りたたみ機「ランドロイド」商品化に向けて合弁会社を設立
MONOist:全自動洗濯物折り畳み機「laundroid」投入に向け新会社設立

当ブログ関連記事
東芝、中国・美的への白物家電事業売却を発表
グンゼとNEC,衣料型ウェアラブルシステムを開発(追記)
東芝、インドネシアの白物家電工場の売却検討=関係筋(追記)

    

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter