塗布型太陽電池向け材料、変換効率18%超を達成(追記)

日経テクノロジーオンライン
塗布型太陽電池向け材料、変換効率18%超を達成

NEDO_new^PV_stack_image1
ペロブスカイト太陽電池の構造(図:NEDOのプレスリリースより)

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と物質・材料研究機構(NIMS)は、
ペロブスカイト太陽電池の標準面積(1cm2)のセルで18%を超えるエネルギー変換効率を達成したと発表しています。
ペロブスカイト太陽電池は、廉価な材料で構成されており、塗布という簡単な方法で大量生産できるため、
製造コストを大幅に下げられる可能性があるとしています。


今回の研究では、太陽光の吸収効率を上げるため、ペロブスカイト材料における2種類のカチオンの混合比を最適化。
さらに、一部ヨウ素を臭素に置き換えることで、ペロブスカイト層で欠陥が少なく大きな結晶粒子を得られたとのこと。
この結果、光照射で形成された電子とホールを効率よく取り出せるようになり、
短絡電流密度が21mA/cm2以上に向上したとしています。

このほかにも、ペロブスカイト層、電子輸送層、電子抽出層などの材料と膜厚を最適化することで
太陽電池の電気抵抗を低減して、太陽電池の曲線因子を2割程度上げることに成功。
これらの成果をベースに作成した1cm角の太陽電池を測定した結果、変換効率18.2%を確認したとのことです。

今後は、高性能の材料の組み合わせや各層の膜厚の最適化などにより、
2016年中に変換効率20%を目指すとしており、また、民間企業と共同で実用化研究を積極的に推進することで、
従来型火力電力並みのコスト7円/kWhを実現し、さらなる太陽電池の普及に貢献するとしています。

NEDOニュースリリース
ペロブスカイト太陽電池で変換効率18%超を達成―標準面積(1cm2)のセルで世界初―

関連記事
(16/04/26追記)
OPTRONICS ONLINE:NEDOら,ペロブスカイト太陽電池で18%超を達成

当ブログ関連記事
Si系太陽電池でモジュール変換効率23.8%達成(追記)
パナソニック、太陽電池を生産調整−大阪・二色の浜工場を休止
独ヘリアテック、有機太陽電池で13.2%を記録
高効率ペロブスカイト型太陽電池の製造コストが大幅低減

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter