スマートウォッチのPebble、従業員を25%削減へ

CNET Japan
スマートウォッチのPebble、従業員を25%削減へ

Pebble_smartwatch_image1.jpg

Pebbleが、全従業員の25%近くに相当する40人をレイオフすると報じられています。
同社の最高経営責任者(CEO)を務めるEric Migicovsky氏がTech Insiderの取材に対してこれを認めたとのこと。


Migicovsky氏はさらに、2015年2月に立ち上げたKickstarterキャンペーンの2000万ドルに加え、
この8カ月間でベンチャーキャピタルと借り入れを合わせて2600万ドルを調達したことも明かしたとのこと。
「2016年は、当然ながら慎重に製品計画を進めている」とMigicovsky氏は述べています。
「資金は調達したが、それでも最近はかなり厳しい状況にある」(Migicovsky氏)

一方、調査企業IDCは、ウェアラブル製品の世界出荷数が2016年末までに1億1000万個に達し、
前年比で38.2%増加すると予測しており、スマートウォッチの初期の活況に一役買ったPebbleなどの企業に
希望を与えています。

「慎重に事を運びたいと思っている」とMigicovsky氏は、Tech Insiderに語っています。
「Pebbleにはウェアラブル製品の5~10年後の姿に対するビジョンがあり、
これがわれわれを成功に導くと考えている」(Migicovsky氏)

当ブログ関連記事
世界ウェアラブル市場、2100万台出荷で規模が3倍に--1位Fitbit、2位Apple
アングル:スマートウオッチの台頭、高級メーカーの脅威にならず
米国防総省、ウェアラブル技術の開発でアップルなど多数の民間組織と提携
Apple Watch需要鈍化、通年1500万台割れの観測 KGI証券調査

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter