FC2ブログ

有機ELパネルを数十万回折り畳める統合部材 住友化学が来年から供給へ。韓国勢の需要取り込む

NEWSWITCH
有機ELパネルを数十万回折り畳める統合部材 住友化学が来年から供給へ。韓国勢の需要取り込む

Sumitomo-chem_OLED-Display_component_image1.jpg

住友化学は2017年までに、スマートフォンの表示装置に使う有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)パネルを
数十万回折り畳める統合部材の供給を始めるとしています。スマホの販売台数は頭打ちになりますが、
液晶に比べて薄く高精細な有機ELパネルの需要は年3割伸びる見通し。韓国の電機大手が年内にも発売する
有機ELパネルの真ん中で二つに折り畳める次世代スマホ向けの需要を取り込むとしています。


統合部材は1枚のフィルム上にタッチセンサーと偏光板、ウインドーフィルムの機能を付与。
保護ガラスの代替となるウインドーフィルムにタッチセンサーをパターニングして偏光板をコーティングする見込みです。
これにより折り曲げ強度が増し、外側・内側双方に数十万回以上折り畳める有機ELパネルの作成が可能としており
厚さも3部材を個別に貼り合わせた場合に比べて半分以下になり、折り畳んでも薄いスマホが生産できるとしてます。

従来の有機ELパネルはタッチセンサーパネル、偏光板、保護ガラスなど複数のガラス製部材を使い、
折り曲げができないものとなっています。
このため、住友化学はガラス部材をフィルム製にして折り曲げ可能にしたフレキシブル部材の開発に乗り出し、
両側面が曲線状の表示パネルを持つスマホ※にフィルム型タッチセンサーが採用されています。
(※SamsungのGlaxyEdgeシリーズと思われます)

液晶塗布型偏光板、ウインドーフィルムという折り曲げ可能なフレキシブル部材も開発し、スマホ大手が採用に向けた
評価を続けています。こうしたフレキシブル3部材の研究成果を生かし、統合部材の開発を進めるとのこと。

調査会社の矢野経済研究所によると、世界のスマホ出荷台数は20年に17億8248万台
(15年見込み比23・4%増)となりますが徐々に頭打ちになる見通しです。

IHS_OLED-panel_for_smartphone_,market_image1

ただ、米アップルが18年発売のスマホ「iPhone(アイフォーン)」に採用する意向を示すなど、スマホ用ディスプレーで
有機ELが普及する見込みです。米調査会社のIHSテクノロジーによると、20年のスマホ用有機ELディスプレー市場は
15年比93%増の6億8360万枚に増える見通しとなっています。

当ブログ関連記事
有機EL搭載iPhone、サイズは5.8型 初年5000万台 DIGITIMES調査
アップル、iPhone7sより有機ELディスプレイ搭載へ!計画を前倒しで
有機EL、量産間近。日本企業は「主役」になれるか
サムスン、中国スマホ3社にAMOLD「Edge」ディスプレイ供給か

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter