FC2ブログ

もやしもん(12)限定版 (プレミアムKC) 石川 雅之

もやしもん(12)限定版 (プレミアムKC)もやしもん(12)限定版 (プレミアムKC)
(2013/04/05)
石川 雅之

商品詳細を見る


大人になるってなんだろう。





菌漫画、もやしもんの12巻です。


前巻で登場した謎の女子高生、西野 円(にしの まどか)がメインの巻。
彼女の事情と日本酒造りが並行して語られます。

日本酒に関しての色々な背景・事情、そして作り方が語られていますが、
個人的に一番印象に残ったのは149話の「大人とはなにか?」についての登場人物同士の議論の場面。

大学生宏岡亜矢の台詞。
「大学生ってさ なってみるとガキだよネ」
「小学生の頃って中学生はすごく大人に見えたし 中学の頃自分も高校生になったら 恋とかするんだーとか」
「言ってたけど自分が高校生になってみたら 小学校んときと何も変わんないガキな男が横で高校生なんだよね」
(中略)
「大人ってのは常にあたしからは遠いんだよ」

大学生武藤葵の台詞。
「そういえばあたしは 20歳になったら大人の仲間入りするんだと思ってたけど」
「相変わらず大人はハタチなんて鼻であしらって子供扱い」
「特にあたしなんかはさ30になってもそうなのかなァとか思っちゃうよ」

通りがかった立花助教授の台詞。
「ちなみに ちょっと外で聞こえてたが」
「30どころか40になっても一緒だぞ こんなオヤジでも上からはガキ扱いだよ」
「お前ら位の歳なら子供ぶる事も出来るがオッサンは逃げ場無しだよ」



自分が幼かったときは大人は何でもできて凄いと思ったりしましたが、
いざ「大人」といわれる年齢になってみると、とてもそうとは思えません。
いくらでも悩みますし、失敗しますし、後悔もします。

「大人」というものは「子供」から見て
あくまで相対的なものでしかないんじゃないのかと思います。
そんな事を感じた一冊でした。


で、それはそれとして。


こちらの記事でも書かれていますが、
それでも「大人になることは楽しいことだ」と子供に思わせるような存在でありたいと思うのです。
(同様の事を作家・大学教授だった森博嗣氏も言っていましたね)

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
大人たちがみんな「仕事は辛いし、人生はつまらない。何もいいことなんかない」とばかり言っているようでは、子供たちが成熟したくなくなるのはあたりまえ。だから、大人は「大人であることは子供時代よりもっと楽しい」といい切れる人生を歩まなければならない。

 もちろん、それは簡単なことではないし、責任感だけで人生がおもしろくなってくるはずもない。しかし、大人になることがまるで楽しくないような社会に未来はないし、じっさい、大人になることはそう悪いことではないと思うのです。

 ぼくは大人になってからのほうがずっと人生を楽しんでいるし、何より楽になった。それはもう、あの地獄の日々が嘘のようです。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


あなたは大人ですか?子供ですか?


大人の方は子供に憧れられるような大人になれていますか?
子供の方は近くに憧れる大人はいますか?



私が大人になって(社会人になって)初めて思ったことは
「これで好きな本が好きなように買える、嬉しい!」でした。

私は大人になって楽しいと思っています。
大人のあなたもそうであることを願っています。








惑星のさみだれ全10巻 完結セット (ヤングキングコミックス)惑星のさみだれ全10巻 完結セット (ヤングキングコミックス)
(2010/12/15)
水上 悟志

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter