車載二次電池市場は2025年に10倍以上の6兆円へ

EETimes
車載二次電池市場は2025年に10倍以上の6兆円へ

Toyota-prius-4th_image1.jpg

富士経済は、次世代環境自動車に搭載されるリチウムイオン電池、ニッケル水素電池、
電気二重層キャパシターなどの大型二次電池市場の調査結果を発表しています。
調査結果によると、2015年の市場は前年比74.9%増の1兆943億円を見込むとのことです。
1兆943億円のうち、7099億円がEV(電気自動車)向け、
3314億円がHV(ハイブリッド車)/PHV(プラグインハイブリッド車)向けとなっています。
2025年は、2014年比10.2倍の6兆3649億円になると予測しています。


EVでは、EVトラック/バス向けが中国の需要増加により、大きく伸びたとのこと。
HV/PHV向けは現在、日本の需要が多くを占めていますが、今後はPHV向けを中心に北米や欧州で需要が増加。
アイドリングストップ車やマイクロHVは生産台数は多いですが、低価格な鉛電池が中心のため、
全体市場に占める割合は小さいとしています。

電池種類別では、EVやPHVで搭載されるリチウムイオン電池の割合が大きく、
ニッケル水素電池はHVでの搭載が多いとのこと。しかし、リチウムイオン電池を搭載するHVが増加するため、
2025年にはニッケル水素電池の需要は減少するとみられています。
鉛電池は、今後もアイドリングストップ車やマイクロHV向けに大きく市場が増加。
電気二重層キャパシターは、中国のEVトラック/バスなどで採用されているとしています。

次世代環境自動車向けの大型二次電池の世界市場
Fujikeizai_Energy-cell_2025_image1.jpg
※EVは乗用車をはじめ、トラック/バス、マイクロEVを含む。
HV/PHVは乗用車をはじめ、トラック/バスを含む 出典:富士経済

<アメリカのLiB市場は1兆円超えか>

地域別でみると、中国やアメリカの占める割合が高いものとなっています。
中国はEV乗用車やEVトラック/バスの生産が拡大し、リチウムイオン電池を中心に需要が大幅に増加。
アメリカは、大容量電池パックを搭載するTesla MotorsのEV向けリチウムオン電池が中心とのこと。

富士経済は、「今後は欧州/アメリカ/中国の需要が大きく増加する」と予測しています。
欧州やアメリカはEVやPHV向けのリチウムイオン電池が大幅に伸び、アメリカではEV向けのリチウムイオン市場が
2025年に1兆円を超えるとみられています。
中国は今後もEVトラック/バス向けが他地域と比べて大きく増加するとしています。

日本は現状、HV向けのニッケル水素電池やリチウムイオン電池が中心ですが、将来的にはPHV向けの
リチウムイオン電池が大幅に増えると予想しています。FCV(燃料電池車)の普及は日本が先行しますが、
低価格のニッケル水素電池の搭載が中心としています。

次世代環境自動車向けの大型二次電池、地域別需要動向
Fujikeizai_Energy-cell_2025_image2.jpg


当ブログ関連記事
全固体電池有力材料の構造解明に成功
Dalta、リチウムイオン電池新工場で量産開始へ 三菱の技術・設備採用
日立、全固体リチウムイオン二次電池の内部抵抗を低減する技術を開発
セントラル硝子、中国でLIB電解液の生産増強-需要が予想上回るペースで拡大

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter