FC2ブログ

【深セン・香港企業のタッチ・パネル戦略(2)天馬】インセル技術の開発に注力

Tech-onより。
【深セン・香港企業のタッチ・パネル戦略(2)天馬】インセル技術の開発に注力
中国Tianma Micro-electronics Group社(天馬微電子集団) Jimmy Lu氏(Greater China Industrial, GCI1, Sales Manager)

中国・深セン地域で生産が盛んなタッチ・パネルの関連企業に聞くインタビューの2回目。今回は、深センなどに工場を持つ代表的な液晶パネル・メーカーであり、5月23~25日に深センで開催される「Touch China 2013(第6回深セン国際タッチパネル技術展)」(主催:中国通信工業協会、中瑞会展、日経BP社)の出展者の一つである「中国Tianma Micro-electronics Group社(天馬微電子集団)」を紹介する。同社はモバイル機器向けに中小型TFT液晶パネルを生産しており、最近は有機ELパネルの開発も積極的に進めている。今回の展示会には、安定性の高い静電容量式タッチ・パネルを重点的に展示する。モバイル機器のディスプレイまわりで
不可欠になってきたタッチ・パネルについては、どう取り組むのか。同社に考え方を聞いた。(聞き手は、田中 直樹=日経エレクトロニクス)

TIANMA.png

前回記事の続き。
中国Tianma Micro-electronics Group社(天馬微電子集団)へのインタビュー記事です。
同社は元々中小型のTFT液晶パネルを生産している会社です。
前回のCSG Holdingと対照的にタッチパネル分野へは川下からの参入といえます。
タッチパネル事業への取り組み方も対照的で、通常の静電容量方式のタッチパネルを生産しつつも
OGS(カバーガラス一体型タッチパネル)には参入せず、インセル型タッチパネルの開発に注力するとの
方針を打ち出しています。

一般的にも川上のメーカー(ガラスメーカーや液晶部材メーカー)はOGSに積極的に参入し、
川下のメーカー(TFT液晶パネルメーカー)はインセルに力を入れる傾向があります。
これはそれぞれの保有設備や保有技術からの選択と考えられます。
ガラス型/フィルム型、カバーガラス一体型/インセル型が入り乱れており、
市場構造・サプライチェーンはまだ混沌とした状況です。
とはいえタッチパネルメーカーが苦境に立たされているように、市場規模も拡大していますが
一方で競争が日増しに激化している市場だといえるでしょう。

Tianma Micro-electronics Group社(天馬微電子集団)
http://www.tianma.cn/

当ブログ内関連記事
【深セン・香港企業のタッチ・パネル戦略(1)南玻】カバー・ガラス一体型で攻める
【液晶パネル】 黒字はTPKのみ 台湾タッチパネル主要5社12年決算

中国Tianma Micro-electronics Group社(天馬微電子集団) Jimmy Lu氏(Greater China Industrial, GCI1, Sales Manager)
中国Tianma Micro-electronics Group社(天馬微電子集団) Jimmy Lu氏(Greater China Industrial, GCI1, Sales Manager)

――天馬微電子集団のタッチ・パネルへの取り組みについて教えてください。

 二つの事業領域があります。一つは、民生用途です。携帯機器などの用途に向けて、液晶パネルにタッチ入力機能を組み込む、インセル技術の研究開発に注力しています。開発の中心拠点は上海です。
アモイにも拠点を持っています。もう一つの事業領域は、専門用途です。車載機器、産業機器、医療・介護機器、教育機器などの用途を対象にしています。拠点は深センで、ITOガラスを2枚使う従来の「G+G」方式の静電容量方式タッチ・パネルを生産しています。

――民生用途では、なぜインセルに注力することにしたのですか。また、インセルの量産化時期は。

 量産化の計画など詳細については言えませんが、低温多結晶Si(LTPS)技術を使って、液晶パネルの高精細化に対応し、さらにタッチ入力機能を組み込んでいくのは、液晶パネル業界全体のトレンドです。インセルは、携帯機器のディスプレイまわりを薄く、軽く、安価にできる技術です。今後、インセルは本格的に実用化が進み、普及していくでしょう。われわれも、1~2年前から研究開発に力を入れています。液晶パネルだけではなく有機ELパネルにも、インセルが使われるようになるでしょう。歩留まりの課題は、短期間で解決するのは難しいと思いますが、必ず解決できると見ています。

――インセルの対抗技術である、カバー・ガラス一体型のタッチ・パネルへの取り組みは。

 カバー・ガラス一体型のタッチ・パネルを開発する考えはありません。インセルに注力します。インセルの方が、大量生産時に安く作れる可能性があるからです。

――専門用途のG+G方式のタッチ・パネルについて、これまでの取り組みの経緯と、今後の計画を教えてください。

 2010年に事業計画を立て、翌年の2011年に量産を開始しました。われわれの事業の中心は液晶パネルですが、タッチ・パネルと表示パネルをセットで欲しいという専門用途の顧客のニーズに応じて、G+G方式のタッチ・パネルを提供すると同時に、光学接着剤による貼り合わせサービスも提供しています。
今後もタッチ・パネル事業を拡大していく計画はありませんが、維持・継続はしていきます。この市場はスタートの段階にあり、まだ規模は大きくないため、現時点で大規模な生産能力を用意する必要はありません。今後のG+G方式のタッチ・パネル事業については、産業機器用や車載機器用などのニーズの高まりを見極めながら、計画を立てていきます。なお、当初は携帯機器などの民生用途にもG+G方式のタッチ・パネルを生産していましたが、この市場領域の製品群は主に、顧客のカスタム製品を中心にラインアップしています。

――インセルの研究開発に注力するという方針は明確ですね。

 カバー・ガラス一体型やG+G方式に対して大規模な投資をせずに、インセルの研究開発に注力する道を選びましたが、正しい選択ができたと考えています。この1年間、市場や技術の研究をして、決断した選択です。

 今は以前とは違い、技術の変化が速くなっているため、目先の一つの技術に大規模投資をすることで損してしまう危険性が増しています。以前は、タッチ・パネルの生産ラインは稼働から5年にわたって利益を出し続けることができました。しかし今は、稼働から2年もすると技術が変化してしまい、生産ラインが陳腐化してしまうリスクが高いのです。
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter