FC2ブログ

【深セン・香港企業のタッチ・パネル戦略(1)南玻】カバー・ガラス一体型で攻める

Tech-onより。
【深セン・香港企業のタッチ・パネル戦略(1)南玻】カバー・ガラス一体型で攻める

中国CSG Holding社(中国南玻集団有限公司) Fine Glass Division(精細玻璃事業部)のWang Zhan E氏(R&D Engineer)、Sun Guan En氏(Engineer)、Li Yi Feng氏(Project Manager)

中国の中でもタッチ・パネルの生産が盛んな深セン地域には、様々なタッチ・パネル関連企業がある。今回は、深センの代表的なガラス・メーカーであり、5月23~25日に深センで開催される「Touch China 2013(第6回深セン国際タッチパネル技術展)」(主催:中国通信工業協会、中瑞会展、日経BP社)の出展者の一つである「中国CSG Holding社(中国南玻集団有限公司)」を紹介する。同社は建材用や太陽電池用のガラス板と共にタッチ・パネル分野を事業の柱に据えている。
同社にタッチ・パネル関連事業の現状と今後の戦略について聞いた。(聞き手は、田中 直樹=日経エレクトロニクス)

南玻


ガラスメーカーの中国CSG Holding社(中国南玻集団有限公司)へのインタビュー記事です。
タッチパネル分野へは元々のタッチパネルメーカーの川上・川下から様々な企業が参入していますが、
ガラスメーカーからタッチパネル分野へ参入した代表的な事例といえるのではないでしょうか。

元々ガラスへのITO成膜を強みとしていることから、タッチパネル分野への参入は妥当でしょう。
タッチセンサーの生産からタッチパネルモジュールの生産まで一括で行えるのは同社の
強みかと思います。ガラスだけでなく、フィルムへの成膜も行えるため、タッチパネルセンサーの
バリエーションを増やすために2013年度には生産設備を拡大してフィルムセンサーの生産も
行おうとしているようです。
OGS(カバーガラス一体型タッチパネル)の拡大は同社にとって歓迎すべき状況だと思われます。
生産方式はガラスの化学強化後にタッチセンサーを形成する方式のようです。
0.33tのカバーガラスも開発中とのことですが、これについては強度をどのくらいまで担保できるかが
気になるところです。

CSG Holding社(中国南玻集団有限公司)
http://www.csgholding.com/en/index.asp



中国CSG Holding社(中国南玻集団有限公司) Fine Glass Division(精細玻璃事業部)のWang Zhan E氏(R&D Engineer)、Sun Guan En氏(Engineer)、Li Yi Feng氏(Project Manager
中国CSG Holding社(中国南玻集団有限公司) Fine Glass Division(精細玻璃事業部)のWang Zhan E氏(R&D Engineer)、Sun Guan En氏(Engineer)、Li Yi Feng氏(Project Manager)

――南玻集団はガラス・メーカーとして知られていますが、タッチ・パネル分野ではどのような事業を展開していますか。

 ITOガラス、ITOフィルム、タッチ・センサ、タッチ・パネル(モジュール)、表面カバー・ガラスなどの製品を生産し、顧客に出荷しています。

 ITOガラスは、静電容量方式タッチ・パネルの主要部材の一つで、ガラス基板に透明酸化物のITOを成膜したものです。2009年に製品出荷を開始しました。
ITOはタッチ・パネルのセンサの電極に使います。当社は、このITOの成膜技術を強みにしています。ガラス基板の片面への成膜にも、両面への成膜にも対応します。ガラスは日本の旭硝子などから調達しています。ITOガラスの用途は、静電容量方式タッチ・パネル以外にも、TFT液晶パネルやSTN液晶パネル、有機ELパネルなどもあります。

 ITOフィルムは、抵抗膜方式や静電容量方式のタッチ・パネルに用いられる部材で、フィルム基板にITOを成膜したものです。当社はガラスの会社ですが、ITO成膜技術の強みを生かして、ITOフィルムも製品化しました。フィルムは、日本の尾池工業や日東電工、巴川製紙所、帝人グループ、きもとなどから調達しています。生産したITOフィルムは、Truly Opto-electronics社やO-Film社などの広州の企業に出荷しています。

 こうした部材を使って、静電容量方式のタッチ・センサやタッチ・パネル(モジュール)を自社で組み立て、顧客に出荷することもしています。ITOガラスやITOフィルムのITOをパターニングすることによって、タッチ・センサを製造します。さらに、ITOガラスを2枚使う従来の「G+G」方式、さらにITOガラスに1~2枚のITOフィルムを組み合わせて使う「G+F+F」方式や「G+F」方式など、さまざまなモジュールを生産できます。

表面カバー・ガラスは、静電容量方式タッチ・パネルの表面を保護する部材で、化学強化処理をしたガラスが使われています。当初は、日本の旭硝子などから薄型ガラスを購入し、それを自社で化学強化していました。現在は、厚さ0.7mmまでの表面カバーは、ガラスの生産から化学強化まで、自社で一貫して行っています。さらに、0.33mm厚まで薄くした表面カバー・ガラスも開発中です。

 われわれの事業部門であるFine Glass Division(精細玻璃事業部)ではこの他、有機ELパネルに使う金属膜付きガラスや金属膜付きフィルムを扱っています。ガラスやフィルムを外部調達し、その表面にAl、Mo、Cu、Cr、Niなどの金属膜をわれわれが形成しています。

 なお、Fine Glass Divisionには、南玻集団の三つの子会社があります。ITOガラスとITOフィルムを生産する会社、タッチ・センサを生産する会社、タッチ・パネルのモジュールを生産する会社、の三つです。いずれも深セン市に拠点があります。

――タッチ・パネル分野での2012年の成果は。

 最大の成果は、カバー・ガラス一体型(OGS方式)の開発に成功し、2012年7月に量産を開始したことです。現在の量産規模は約50万枚/月です。
個片化する前に化学強化処理する方式を採用しています。インセルやオンセルなどの技術も登場していますが、今後5~6年の主流の技術はカバー・ガラス一体型でしょう。

 カバー・ガラス一体型には、表面カバー・ガラスに2層の電極を形成するOGS方式と、表面カバー・ガラスとフィルム基板に電極を1層ずつ形成して貼り合わせるG+F方式があります。G+F方式は、米Apple社の「iPad mini」に採用された方式です。OGS方式とG+F方式は共存し続けると、われわれは見ています。


――2013年のタッチ・パネル関連事業の目標は。

 大きく三つあります。第1は、OGS方式のタッチ・パネルの拡販です。そのために、生産規模や生産効率を高めます。また、製品ラインアップも拡充します。現在は7型未満のサイズしか生産していませんが、2013年代3四半期には7型以上のサイズも量産したいと考えています。第2は、柔らかい曲げられる基板を用いたタッチ・パネルの研究開発を強化します。

 第3は、G+F方式のタッチ・パネルを量産できるようにすることです。まず、現在の製造装置で、2013年中に量産することを目指します。さらに、ロール・ツー・ロール対応の製造装置を2013年に新たに導入し、その装置で2014年に量産を開始したいと考えています。

――現在のタッチ・パネルの生産ラインについて教えてください。

 (1)ガラス切断・研磨、(2)光による表面処理、(3)化学強化、(4)インライン成膜、(5)ロール・ツー・ロールのスパッタリング、(6)フォトリソグラフィの6種類の製造工程に対応した生産ラインがあります。

 (1)ガラス切断・研磨は、6ラインあります。1200mm幅のガラスを370mm×470mmなどのサイズに切断し、必要な研磨を行います。生産能力はシート換算で180万枚/月です。(2)表面処理装置は150台あり、生産能力は同70万枚/月です。(3)化学強化処理装置は5台あり、生産能力は同20万枚/月です。(4)インライン成膜の生産ラインは10本あり、バッチ式の成膜システムが5台あります。生産能力は同250万枚/月です。(5)ロール・ツー・ロールのスパッタリングは2ラインあり、生産能力は9万m2/月です。
中国で最も早く稼働したロール・ツー・ロールのスパッタリング装置だと自負しています。(6)フォトリソグラフィ・ラインの生産能力は、同16万枚/月です。

 さらに、(7)タッチ・パネルのモジュール、(8)表面カバー・ガラス、(9)OGS方式のタッチ・パネルを最終的に完成させるための生産ラインがあります。(7)モジュール生産ラインの能力は1000個/月、(8)表面カバー・ガラス生産ラインの能力は50万個/月、(9)OGS方式タッチ・パネル生産ラインの能力は20万個/月です。

――現在の研究開発体制と顧客基盤は。

 研究開発部門には、150人の技術者を配置しています。技術者のうち大学院を修了した技術者が全体の70%を占めています。また、先進的な研究設備も導入しています。顧客は、中国、台湾、日本のタッチ・パネル・メーカーが中心です。例えば、中国のTianma Micro-electronics社(天馬)、BYD社、Truly社(信利)、台湾のInnolux社(旧Chimei Innolux社)、TPK社、EELY社、日本の京セラです。

――タッチ・パネル以外の南玻集団の取り組みを教えてください。

 われわれの事業部門以外には、建材ガラスなどを扱う事業部門や、太陽電池用ガラスなどを扱う事業部門があります。

 こうした各事業部門を束ねる南玻集団は、1984年に設立されました。資本金は147億人民元で、1992年には深センに上場しています。従業員数は1万2000人です。工場は中国全都に20くらいあります。
タッチ・パネル関連の工場は三つで、いずれも深センにあります。


関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter