<中国の追撃受ける韓国LCD産業>サムスン・LG、生産ライン19本中6本閉鎖

韓国経済新聞/中央日報
韓経:<中国の追撃受ける韓国LCD産業>サムスン・LG、生産ライン19本中6本閉鎖

LGD_paju_LCD-panel_manufacturering_image1.jpg
京畿道坡州(パジュ)LGディスプレイ工場で職員がLCDパネルを生産している。(LGディスプレイ提供)

韓国のLCD(液晶表示装置)産業が中国に追い上げられていると報じられています。
LGディスプレイとサムスンディスプレイは19本のLCD生産ラインのうち中小型6本を閉鎖したのに続き、
2、3本のラインの稼働を追加で中断する計画です。
中国企業が中小型LCDを安く供給し、採算が取れなくなっていることが要因と言われています。
中国企業は中小型LCDに続き、大型LCDとOLED(有機発光ダイオード)の生産も増やし、
この分野で国内企業に追いつくのは時間の問題という指摘も出ているようです。


◆サムスン、8ラインのうち5ライン閉鎖

業界によると、LGディスプレイは慶尚北道亀尾(クミ)にあるP2、P3の2本のラインを
来年から稼働中断するとのこと。P2、P3ラインはそれぞれ第3.5世代(ガラス基盤のサイズ590ミリx670ミリ)と
第4世代(680ミリx880ミリ)のLCDパネルを生産してきたところで、1997年と2000年に完工しています。
LGはP4ラインの一部もOLED照明用に転換することを検討しているとのことで、
P5ラインはフレキシブルOLED用に変更しています。
すでに11本のLCD生産ラインのうちP1は研究用に変えています。

サムスンディスプレイは韓国国内のLCDライン8本のうち5本(L1-L5)を昨年までに閉鎖しています。
昨年12月に閉鎖した忠清南道天安(チョンアン)のL5ライン装備は中国企業に売却。
残りの3本のラインのうちL6ラインを昨年からアモルファスシリコン(a-Si)基盤工程から
低温シリコン多結晶化(LTPS)・オキサイド工程に転換しています。

LTPSに転換すれば高解像度のLCDパネルやOLEDパネルを生産でき、
稼働中断を避けるための苦肉の策といえます。
LCD生産ラインはL6(第5世代)とL7ライン(第7世代)、L8ライン(第8世代)の3本だけとのことです。

業界の関係者は「この1、2年間に中国企業が中小型LCDパネルを大量に市場に出し、価格が急落している」とし
「国内LCD生産ラインが老朽化したうえ、中国に押され、これ以上中小型LCDを生産する理由がなくなり、
ラインを閉鎖している」と説明しています。

◆中国企業の価格攻勢に揺れる

韓国国内のLCDラインが閉鎖しているのは中国企業の価格攻勢のためとされています。
中国政府は2010年の第12次5カ年経済計画で4大輸入品に浮上したLCDパネルを
国産化するという戦略を発表。
1%未満のディスプレー自給率を2015年に80%に引き上げるために、
企業のパネル工場建設に地方政府が資金を支援することにしたとのことです。

これに伴い、企業は工事資金の10%さえあれば工場の建設が可能になったそうです。
中国最大LCD生産企業のBOEは400億元を投資し、世界最大の第10.5世代工場を建設しています。
このうちBOEの資金は10%の40億元にすぎないとのこと。180億元は銀行から借り、
残りの180億元は工場ができる合肥市政府が出資するとのことです。

また、生産を始めれば中国政府は補助金を出すとしており、
BOEは2014年、売上高368億元、営業利益23億元でした。さらに8億3000万元の補助金を受け、
27億元の当期純利益を出しています。
こうした政府の支援を受け、2010年から昨年まで中国にはLCD生産ライン10本が建設されています。
このうち3本のラインは増設中であり、4本のラインは2016-2019年に追加で完工するとのこと。

◆大型LCDとOLEDも「脅威」

BOEなど中国企業が建設したLCDラインはほとんどの第8.5世代です。
ガラス基板のサイズが2200×2500ミリで、55インチのテレビ用大型パネルの生産に最適化されています。
しかし中国企業はここで10-32インチの中小型パネルを生産しているようです。
技術が劣り、不良画素が多いため、大型パネルを生産できないことが原因とされています。
このために中小型LCD価格は過去1年間に平均40%ほど下落しています。

サムスンとLGはまだ大型LCD・OLEDで中国企業に優位となっていますが、
中国も最近、LTPSラインを建設しています。関連投資計画は20件を超える模様。
政府レベルでOLEDと大型LCDパネルに投資方向を変えたからとされています。
中国政府は昨年、「第13次5カ年計画」(2016-2020)でOLEDに投資方向を変更することにしています。
業界の関係者は「中国がLCD投資に対する審査を難しくし、
その代わりにOLED投資を誘導している」と述べています。

またBOEの第10・5世代工場が稼働する2018年には韓国国内の大型LCDラインも危機に直面するとされています。
第10・5世代は65インチ、75インチパネルに最適化されたラインで、韓国国内企業が持つ第8世代に比べて
価格競争力を持っています。
サムスン電子はこれに備えて最近、日本シャープの第10世代ラインを引き受けしようとしたが
実現しなかったとされています。

当ブログ関連記事
サムスン、中国スマホ3社にAMOLD「Edge」ディスプレイ供給か
有機EL時代への移行加速へ iPhoneとサムスンのTV参入で DIGITIMESレポート
韓国サムスン電子、第4四半期は16%増益 16年は減益の可能性(追記)
LG、有機ELシフト加速 テレビ用パネルに830億円投資
BOE合肥10.5世代ラインに8000億円 18年Q3量産(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter