日立、液晶製造装置事業を売却へ

EETimes
日立、液晶製造装置事業を売却へ

Hitachi_logo_image.jpg

日立製作所は液晶パネル製造装置事業をファンド運営会社ポラリス・キャピタル・グループ(以下、ポラリス)に
売却すると発表しています。


日立が売却する事業は、液晶パネル製造装置、有機ELパネル製造装置、
実装/マイクロボール関連製造装置などの開発、設計、製造、販売、アフターサービス事業です。
これまで、微細塗布技術や高度貼り合わせ技術をコア技術として展開し「高いシェアを獲得してきた」(日立)とのこと。
ですが、「さらなるシェアの拡大や安定的な収益の確保、コア技術の活用やパートナーリングを通じた新事業創出を
図っていくためには、より一層のスピーディーな運営が可能な事業体制の構築や経営効率の向上が必要」と
売却を決定したとのことです。

日立は、2016年7月1日付で売却対象の事業を分社し、新会社を設立。
同時に、新会社の株式の大半をポラリスに譲渡するとしています。新会社の社名などは未定。

<LCOS製造向けなどの新事業を見込む>

ポラリスは「(取得事業は)業界におけるトッププレーヤーとして、アジアを中心とした大手液晶パネルメーカーや
大手半導体メーカーとの信頼関係を築き上げている。既存事業に加え、新規事業展開として、将来において
市場拡大が見込まれるLCOS(Liquid Crystal On Silicon)/スマートウィンドウ製造向けの
ODF(One Drop Fill)応用プロセスや、OLED関連を中心とした幅広いアプリケーションに展開が可能な
薄膜塗布システム事業など、さらなる成長ポテンシャルを有していると考えている」とコメントしています。

当ブログ関連記事
日立オートモティブ、公道で自動走行実証−茨城で2/22から(追記)
日立、15年度通期予想を下方修正 中国などの減速響く
日立、全固体リチウムイオン二次電池の内部抵抗を低減する技術を開発
日立ソリューションズ、ドローン活用し鉱物原料の体積量を計測するシステム開発

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter