FC2ブログ

住江織物、筋肉の微弱な電流検知

日刊工業新聞
住江織物、筋肉の微弱な電流検知

Sumie-orimono_Ag_fablic_image1.jpg
ベースとなる銀メッキ繊維に極細繊維が絡む形状を取る

住江織物は生体情報計測センサー向け布帛(ふはく)電極を開発したと報じられています。
導電性繊維と極細繊維を組み合わせた素材で導電性と肌への密着性に優れ、筋肉から発せられる
微弱な電流を検知する電極として活用できるとのこと。
センサーメーカーなど数社にサンプル出荷しており、用途開拓を進めており、
1、2年後をめどに顧客製品への搭載を目指すとしています。


【肌に密着】

拡大しつつあるウエアラブル端末市場やスマートファブリック市場向け製品として開発したとのこと。

導電性繊維に極細繊維を組み合わせることで素材の表面積を拡大し、肌への密着性を高めています。
肌へ接触する面積を増やし密着性を高めることで、より高精度に生体内の微弱な電流をキャッチできるとのこと。
銀メッキを施した導電性繊維上に、エレクトロスピニング法で極細繊維を絡め付ける方法で生産するそうです。

【通気性】

極細繊維の原料には、日立造船の「トチュウエラストマー」を採用。
同素材はトチュウ生体内で合成された植物由来の天然ポリマーで、肌に優しい点を評価し使用を決めたとのこと。
開発した布帛電極は、顧客の要望に応じて編み物、織物両方の形状で生産でき
フィルム素材を使った繊維電極などと違い、通気性や伸縮性を持たせられる。としています

【車用シート応用】

住江織物は当面は介護やスポーツ分野向け製品・システムで採用を目指し、
共同で用途開発できるパートナーを探しているとのことです。
将来は自動車用シートやカーペットなどへの応用を目指すとしています。

当ブログ関連記事
スマートウエアが介護人材不足を救う
ヘルメットで脳波を計測し熱中症を予防  AgXとスターライト工業、導電性繊維で編んだニットを電極に応用
第2回ウェアラブルEXPO関連記事(追記)
シルク電極の開発と、それを基にした大学発医療系ベンチャーの設立
山本縫製工場、金属線を布地にミシンで直縫いする縫製技術を開発-電極として使用可能

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter