FC2ブログ

シャープと鴻海「協議継続で一致」 サムスン加わり関係は複雑化

SankeiBizより。
シャープと鴻海「協議継続で一致」 サムスン加わり関係は複雑化

シャープとホンハイの資本提携交渉について払い込み期限の3/26を迎え、いったん白紙となりました。
出資交渉開始から1年、シャープ株価の低迷、クアルコムの出資、サムスンの介入と様々な要素がありましたが
最終的にはこのような結果となりました。
交渉を巡る中、ホンハイ自身も「iPhone5」の販売不振による生産調整など思うように交渉を進められなかった
部分もあるのではないでしょうか。

今後の両社、またクアルコムやサムスンといった他の出資企業やAppleなどの動きにも
引き続き注目していきたいと思います。

シャープの株価の推移


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
台湾・鴻海精密工業が経営再建中のシャープに669億円を出資するとした資本提携交渉が
26日で払込期限を終えた。1年の交渉期間があったにもかかわらずシャープ株の急落以来、
交渉が停滞し、いったん白紙となった。

シャープの奥田隆司社長と鴻海の郭台銘会長が会談、「今後も協議する」と確認したが、
今月上旬にシャープに出資を決めた韓国サムスン電子の出現もあり、シャープの経営環境が混沌としてきた。

シャープは26日、鴻海との交渉がいったん白紙となったことを正式発表。
だが同社広報は「今後も両社で協議していく」と説明。
しかし、交渉期限など詳細については明らかにしていない。

 「片山会長も奥田社長も私はまったく評価していない」

鴻海の郭会長はシャープ幹部について、こう話しているという。
新型液晶「IGZO(イグゾー)」など技術力の高さは評価するが、
「ヒット商品につなげるマーケティング力が伴っていない」(郭会長)。
鴻海と力を合わせれば、液晶をもっと売ることができる-というのが郭会長の主張だ。

 鴻海との出資交渉が停滞した理由はシャープの株価低迷だ。一時140円台にまで下落しており、
市場価格が取得価格を下回った場合、その差額を減損損失として計上を迫られる鴻海は二の足を踏んでいた。
主要取引先であるアップルの「iPhone(アイフォーン)5」の販売不調で、
生産調整に入ったことで鴻海側も余裕がなくなったこともあるといわれる。

 シャープの新たな出資先として現れた世界最大の総合家電メーカーのサムスンも、
鴻海にとって意識せざる得ない存在だ。
 「たった3カ月で出資を決めたサムスンは交渉上手。鴻海は1年かけてもまとめることができなかった」。
サムスンは追加出資の可能性もあるとされるだけに、鴻海関係者は焦りにも似た危機感をあらわにする。

昨年12月末時点で自己資本比率が9・6%と「危険水域」に沈むシャープ。
4月中旬から5月に予定される主力取引銀行からの役員受け入れは、
みずほコーポレート銀行が同行出身で東京建物常務の藤本聡氏が送られる見通しで、
三菱東京UFJ銀行も人選を進めている。
ただ、シャープの経営環境は複雑化しており、財務状況の悪化に伴い同社をめぐる
鴻海とサムスンの動きが再び活発化するとの見方は強い。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter