シャープ、曲面液晶のサイネージをJR大阪駅で実証実験。立体感のある映像表現

AV Watch
シャープ、曲面液晶のサイネージをJR大阪駅で実証実験。立体感のある映像表現

Sharp_digital-signeage_osaka-station_image1.jpg
JR大阪駅の中央コンコースに設置された60型曲面液晶ディスプレイ試作機

シャープは、JR大阪駅の中央コンコースに、60型の曲面液晶パネルを搭載したデジタルサイネージ用ディスプレイの
試作機2台を設置。3月7日より実証実験を開始しています。


堺ディスプレイプロダクトが開発した半円筒形状の曲面液晶パネルを搭載したディスプレイで、
曲率半径500mm(表示範囲は約150度)と大きく前面にカーブさせることで、立体感のある映像表示を
可能にしたとしています。

Sharp_digital-signeage_osaka-station_image2.jpg
立体感のある映像表現を可能にしたという

今回の実証実験は、シャープとJR西日本コミュニケーションズが共同で約半年間実施。
広告媒体としての効果や曲面表示に適した映像コンテンツ、技術的課題などを検証するとのことです。
「今後、曲面液晶パネルの特性を活かしたデジタルサイネージが実用化されると、駅や空港などの交通機関や
商業施設などの公共空間において、円柱(円筒形の柱)と調和した設置が可能となり、美観を保ちながら、
より豊かな表現力を発揮できる」としています。

シャープニュースリリース
60V型 曲面液晶パネルを搭載したデジタルサイネージの実証実験をJR大阪駅で開始

当ブログ関連記事
完全印刷工程で作製した有機TFT、何に応用する?「国際ナノテクノロジー総合展・技術会議2016」
電子ペーパーのE Ink、液晶事業さらに縮小 新竹2.5世代ライン閉鎖へ
旭硝子、エッジライト向けガラス導光板を発売
シャープ、シースルー液晶ディスプレイを開発-来年から実証実験、17年度に量産へ

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter