FC2ブログ

アップル、iPhone7sより有機ELディスプレイ搭載へ!計画を前倒しで

iPhoneMania
アップル、iPhone7sより有機ELディスプレイ搭載へ!計画を前倒しで

Apple_iphone_layer_image1.png

アップルが2017年秋より、有機ELをiPhoneに採用する予定であることが分かったと報じられています。
実現すれば、iPhone7s(仮称)から有機ELディスプレイが搭載されることになるとのこと。


<1年前倒しでの採用>

日経の中国語版メディア日经技术在线によると、アップルは当初2018年から搭載予定だった有機ELを、
1年前倒しした2017年よりiPhoneに導入する予定とのことです。

有機ELのサプライヤーとしては、サムスン電子とLG Displayが有力視されていましたが、業界の事情通によれば
「2015年12月頃にアップルは1年前倒しで有機ELを供給できるかどうか」といったヒヤリングを、
前述した2社以外に対しても行っていたことが分かったとのこと。
ただし現段階では、サムスンが製造装置の買い占めを行っており、他ベンダーより一歩リードしている状況のようです。

有機ELディスプレイは、現在アップルが採用している液晶ディスプレイと異なり、色彩豊かで省エネを実現、
さらにはバックライトを必要としないため薄型化に寄与、曲面ディスプレイも可能と、可能性を秘めています。

しかしその反面、製造コストが高く、アップルをはじめとして多くのスマートフォンベンダーが
採用を見送ってきました。しかし、九州大学が従来に比べコストが10分の1で済む有機ELの開発に成功したように、
ここ最近は技術革新や歩留まり面で大きな進歩が見られていました。

<テコ入れのための起爆剤として>

Apple_iphone_iphone7s_progress_image1.png


また、先述した日经技术在线は、アップルがこうした決断を下した理由として、
iPhone売り上げの伸びが鈍化しているため、有機ELの導入を起爆剤としたい考えがあるからだと指摘しています。
事実、2015年10~12月のiPhone売り上げ台数は7,477万台に達したものの、前年同期比では0.4%増と、
2007年にiPhone発売を開始して以来最低の伸び率となっています。

ただ、2017年の有機EL採用となると、曲面ディスプレイ搭載は見送られるようです。
関係者によると曲面技術は「2017年では完全に間に合わない」とのことで、
「たとえデザイン上の優位性を放棄してまでも、いち早く市場に乗せたいようだ」と
アップルの意気込みを指摘しています。

当ブログ関連記事
有機EL、量産間近。日本企業は「主役」になれるか
ジャパンディスプレイ、iPhone用供給比率低下は必至 鴻海のシャープ買収で DIGITIMES調査
有機EL時代への移行加速へ iPhoneとサムスンのTV参入で DIGITIMESレポート
iPhone 7 Plus、デュアルレンズ搭載は全体の35%


関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter