九大の有機ELベンチャー、15億円の出資を獲得

OPTRONICS ONLINE
九大の有機ELベンチャー、15億円の出資を獲得

Kyulux_OLED_TADF_material_image1.jpg

九州大学が内閣府 最先端研究開発支援プログラム(FIRST)において開発に成功した
第三世代有機EL発光材料(TADF)材料)の実用化を担うスタートアップ企業Kyuluxは、
総額15億円の資金を調達(2月末予定)し、実用化に伴う技術の特許に関して権利者である
九州大学らと実施許諾等を締結、この技術を世界中で実用化できる体制を構築したと発表しています。


TADF材料は、レアメタルを使わずに、発光の励起子発生メカニズムにかかわる一重項と三重項励起状態の
エネルギーギャップを小さくする分子設計により、電子を光へほぼ100%の効率で変換できる新しい有機発光材料。
低コスト・高効率発光を可能とし、また、無限の分子設計の自由度を最大限生かせる夢の発光材料の創出と
位置付けることができるとしています。

また、蛍光材料を発光材料とする有機EL素子の発光層中に、TADF材料をアシストドーパントとして
ドーピングすることにより、蛍光分子からのEL発光効率を究極の100%まで向上させることに成功しています。
これにより、高効率、低コストに加え、高純度の発色を実現する究極の発光技術
Hyperfluorescenceが実現可能となったとのこと。

Kyuluxは2015年3月にTADFおよびHyperfluorescenceを実用化するため、安達千波矢、佐保井久理須、
安達淳治、水口啓の4名によって設立された技術開発型ベンチャー。現在、福岡市産学連携交流センター(FiaS)を
拠点に、九州大学でTADFの材料開発に従事した研究者、企業において有機EL開発に携わった技術者を中心に
材料開発を進めています。

今回の九州大学からの基本特許の実施許諾等によって、KyuluxはTADFの製造・販売を独占的に行なうことが
可能となります。今後は、九州大学が論文等で公表している材料を中心に、大学等の研究機関への
TADF材料の販売を予定しているとのこと。また、第二世代のリン光材料で実用化できていない
青色のTADF、Hyperfluorescenceの実用化を進めるとしています。

> 「これが究極の有機EL技術」、九州大学が従来の蛍光分子をリン光並みの効率で発光させることに成功

JSTニュースリリース
究極の有機EL発光材料を福岡から世界へ向けて実用化開発へ
~九州大学の研究成果を活用したベンチャー「Kyulux」、総額15億円の出資を得て本格稼働~


関連記事
朝日新聞Digital:「第3世代」有機EL特許を譲渡 九大がベンチャーに

当ブログ関連記事
九大、ぬれた材料表面や高湿潤環境で使用できる接着剤を開発
九大など、有機分子組み換えで七色に光る色素結晶を開発-白色発光も実現
九大、有機薄膜太陽電池材が光を電流に換える原理の一部を解明
九大、燃料電池の触媒向け白金使用量を1/10にする技術開発

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter