三井化学,高屈折レンズ材料でスタンプルーペを開発

OPTRONICS ONLINE
三井化学、高屈折レンズ材料でスタンプルーペを開発

Mitsui-Chem_MR_lens_image1.jpg

三井化学は、社会福祉法人日本ライトハウスとホプニック研究所とともに、
ロービジョン(弱視)や高齢者向けに、同社製品である高屈折率レンズ材料「MR™」を使用した
世界最高倍率のスタンプルーペを共同開発したと発表しています。



スタンプルーペとは、紙面に置いて上から覗くだけで、新聞の文字などを簡単に拡大できる拡大鏡。
従来の手持ち型と比べると、その手軽さに加え、レンズの集光効果で明るく文字が読め、
拡大された文字と紙面の文字がほぼ同じ位置で見えるため、利用者の目の負担が少ない点に
大きな特徴があります。

従来のスタンプルーペは、低屈折率のレンズ材料が使用されており、
また、スタンプルーペの独特な形状の制約から、1.8倍が最高倍率でしたが、薄くて軽いメガネレンズに
広く採用されている同社の高屈折率レンズ材料「MR™」を用い、ホプニック研究所の高いレンズ製造技術を
駆使してスタンプルーペの理想的な形状に作り上げることで、世界最高倍率2.0倍を実現したとのこと。

小さい文字が見えづらい高齢者のみならず、完全矯正していても思うように視力が得られない
ロービジョンの人々のQOL(Quality of Life)向上に貢献出来る商品だとしています。
このスタンプルーペは、”みてみ”という商品名で、2016年3月から社会福祉法人日本ライトハウスおよび
全国の小売店で販売開始予定。レンズサイズは直径60mmと80mmの2サイズを用意するとのことです。


当ブログ関連記事
ロック技研、透明導電膜をロール・ツー・ロール方式で樹脂フィルムに真空成膜する装置
塗るだけで難燃化、ハロゲンフリーのコーティング剤をエヌ・ティー・エスが開発
北陸先端大など、バイオポリイミド樹脂を開発-最高の耐熱性能
住友大阪セメント、ITOフィルムに最適な高透明・高屈折率のハードコート塗料を出展

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter