Fitbit、ウェアラブル世界一を維持。Xiaomiが急追(追記)

TechCrunch
Fitbit、ウェアラブル世界一を維持。Xiaomiが急追

fitbit_blaze_wearable_image1.jpeg

Fitbitは2015年に2100万台のデバイスを出荷し、2014年の1090万台から93.2%伸ばしています。
しかし、前年の2倍近い数を出荷しながらも、Fitbitは市場シェアを落としています。
Fitbitが100%近く成長したのと同じ期間に、Xiaomiは1000%近い成長をしています。


IDCによると、2015年にXiaomiは1200万台のウェアラブル端末を出荷しています。
その結果同社は市場シェア15.4%を獲得してFitbitに次ぐ2位となり、
Apple、Garmin、Samsungらが後を追っています。
前年の2014年、Xiaomiの出荷台数はわずか110万台で、世界市場シェアはわずか4%でした。

Fitbitの市場支配は発売以来浸食され続けています。
同社は一時ウェアラブル市場の3/4近くを占めていましたが、市場に多くの製品が出回るにつれ、
シェアは失われていっています。Fitbitは四半期決算を発表し、好調なホリデーシーズンを終えたと報告していますが、
将来への見通しについては慎重となっています。
この発表によってFitbitの株価は急落し、現在史上最安値で取り引きされています。

AppleのApple Watchは2015年に登場し販売単価はFitibitやXiaomiの端末よりはるかに高い
(Xiaomiのウェアラブルはわずか11~15ドル)にもかかわらず、世界シェアの14.9%を獲得しています。
Samsungのウェアラブル販売台数はほぼ横ばいであり、2015年に310万台を売り
2014年は270万台となっています。

関連記事
(16/04/03追記)
ITmedia:2015年の世界ウェアラブル端末出荷は7810万台でトップ3はFitbit、Xiaomi、Apple

当ブログ関連記事
第2回ウェアラブルEXPO関連記事(追記)
世界ウェアラブル市場、2100万台出荷で規模が3倍に--1位Fitbit、2位Apple
「Apple Watch」、2016年リリースに向け次期モデル開発中か
アナログ時計にデジタル技術凝縮 ソニー、おサイフケータイ搭載腕時計「wena wrist」(追記)

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter