パナソニック、18年度に空調売上7000億円へ 大型強化で

REUTERS
パナソニック、18年度に空調売上7000億円へ 大型強化で

Panasonic_logo_image3.jpg

パナソニック(Panasonic)は空調事業の戦略説明会を開き、
2018年度に売上高7000億円を目指すと発表しています。


2015年度は4830億円を予想しており、売上高の2割にとどまっている
大型空調を伸ばすことで規模拡大を図るとのこと。

会見したアプライアンス社エアコンカンパニーの吉田守社長は
「将来もっとも伸びが期待できる大型空調事業を強化していく」と語っています。

2015年度の売上比率はルームエアコンが8割、大型空調が2割となっています。
現在、1000億円程度にとどまっている大型空調を2018年度に2000億円、
売上比率を3割に引き上げるとしています。

吉田社長は足元で足を引っ張っている中国事業について
「現在、立て直し中だが、流通在庫が非常に多いので、2016年度は台数は前年同等程度、
金額面は高付加価値にシフトすることで伸ばしていきたい」と語っています。

当ブログ関連記事
18年度までの戦略投資「変わらず」=片山パナソニック役員
パナソニック、太陽電池を生産調整−大阪・二色の浜工場を休止
パナソニックが中国初の車載用リチウムイオン電池生産拠点を設立
パナソニックが米ハスマンを1866億円で買収、グローバル経営加速へ(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter