旭硝子、指紋認証用センサを搭載できるカバーガラスの販売を開始

旭硝子、指紋認証用センサを搭載できるカバーガラスの販売を開始

AGC_coverglass_for_fingar-print-sensor_image1.jpg
カバーガラスのイメージ。指紋認証センサを搭載する部分が特殊加工により薄くなっている

旭硝子はスマートフォンのセキュリティ強化のために用いられる指紋認証センサの搭載を可能にした
カバーガラスの販売を開始したと発表していす。


同カバーガラスでは、指紋認証センサを搭載する部分を特殊加工して薄くしつつも、
ガラスの強度と、高い平坦度と、指紋認証機能の安定動作を実現しているとのこと。
同社はすでに、スマートフォンメーカー、ICメーカー、組み立て加工メーカーにガラスを提供。
実用化に向けた技術検討を進めているとしています。

なお、「Mobile World Congress 2016」(MWC 2016)において、韓国の指紋認証モジュールメーカー
CrucialTecが、同社製品を用いたカバーガラス一体型指紋認証センサの展示を行っています。

当ブログ関連記事
サンゴバンとコーニング,自動車向け合弁企業を設立
オハラ、超低熱膨張ガラスを増産へ
SCHOTTの薄板ガラス、スマホの指紋センサーカバーに採用
旭硝子、エッジライト向けガラス導光板を発売

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter