FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールジャパンで挑む災害対策ロボット開発、実用化への道は?

MONOistより。

オールジャパンで挑む災害対策ロボット開発、実用化への道は?

NEDO 災害対策ロボット関連技術

長めの記事ですので引用は割愛しますが、(記事本文は上記タイトルをクリックしてください)
NEDOのプロジェクトによる災害対策ロボットの開発報告が公開されています。

NEDO 災害対策ロボット関連技術システム

プロジェクトの特徴としては参加各社のロボットがほぼ同一のインターフェースで操作でき、
一つのシステムとして運用できること。
問題点としては単年度のプロジェクトのため、今後の開発については不透明な点が挙げられます。
せっかく統一のシステムとして作りこんでも「今回限り」では実用化への道筋が見えなくなってしまいます。
また今回はあくまで「災害対策全般」として開発されています。
これにはNEDOが「原発対策」としての開発ができないという縦割り行政の弊害が絡んでいるそうですが、
事故前も元々「原発対策」については「原発が事故を起こす」と受け取られることを
行政側が嫌っておおっぴらに開発ができなかったという可能性があるようです。


関連記事:
「日本はレスキューロボットを開発しても配備される状況にない!!」
~東北大・田所教授が福島原発での活動を報告


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
意外に思うかもしれないが、日本には原発事故を想定して配備されているロボットは1台もない。
それどころか、ロボット研究者からは「原発事故対応を目的に入れると国から予算が出なくなってしまう」と
いう話も出ているほどだ。その真偽のほどは確認しようもないが、
「原発事故用のロボットを開発する」=「原発では事故が起きる可能性がある」と受け取られるのを
嫌ったのではないかということは容易に想像がつく。
事実、東海村JCO臨界事故の後にプロジェクトが立ち上がったことがあったが、わずか1年で終了。
開発されたロボットは維持もされず、ほとんど破棄されてしまった。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


以前の記事でも書きましたが、原子炉の廃炉には30年以上の膨大な時間がかかると想定されており、
それを少しでも短くするためには今回のような技術開発が不可欠です。
民間ではあくまで利益を求めざるをえませんので、こういったシステムの構築には国の主導が求められます。
いままで世界のどの国も経験したことのない今回の事故に対して
民間側も行政側も長い目で対応を考えていく必要があるのではないでしょうか。


東日本大震災の発生から今日で丸二年が経ちました。
犠牲者の方々のご冥福をお祈りすると共に今も被災地にて不自由な生活を強いられている
被災者の方々に心よりお見舞い申し上げます。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
東日本大震災および東京電力・福島第一原子力発電所の事故発生当初、
われわれに突き付けられたのは「日本の災害対策ロボットは実用レベルに達していない」という現実だった。
あれから2年――。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の
「災害対応無人化システム研究開発プロジェクト」の下、
開発を進めてきた最新鋭の国産災害対策ロボット技術がプロジェクト完了を受けて一斉公開された。
技術・運用面での課題はクリアできているのか? そして、実用への道は開けるのか?

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2013年2月20日、
千葉工業大学 芝園キャンパス(千葉県習志野市)において
「災害対応無人化システム研究開発プロジェクト」の成果報告会を開催し、
開発したロボット関連技術を報道陣に一斉公開した(関連記事1)。
これらは、東京電力・福島第一原子力発電所(以下、福島第一)の原子炉建屋内での
活用を想定して開発されたもので、今後、現場への実践投入が期待されている。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。