FC2ブログ

【ライティングフェア】東芝など、透過型有機ELやワイヤレス給電付き有機ELを出展

Tech-onより

【ライティングフェア】東芝など、透過型有機ELやワイヤレス給電付き有機ELを出展

ライティングフェア関連記事です。
東芝は「窓照明」を実現可能な透過型有機ELを出展しています。
他と異なる点として発光方向に指向性を持たせたこと。
つまり窓などに用いた場合に屋外に光が漏れてしまうのを抑制しているそうです。
比率としては既存の照明が表2:裏1とした場合に表数十:裏1程度とのこと。
同様の技術を用いてファミリーマートの新店舗に導入しているようです。
また同時に電磁誘導を用いたワイヤレス給電付き有機ELも出展しています。
ファミリーマートの店舗については一度見てみたいですね。
LEDを照明に用いた店舗はすでに広がってきていますので、
有機ELを用いた店舗も増えてくると面白いですね。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
東芝と東芝ライテックは、照明技術の展示会「ライティング・フェア 2013」
(2013年3月5~8日、東京ビッグサイト)で、透過型有機ELパネルや
ワイヤレス給電機能付きの有機ELパネルを出展。寸劇の中での新しい照明の使い方と共に紹介した。

■屋外を照らさない「窓照明」を実現可能に

透過型有機ELパネルは、一般には透明電極を正極と負極の両方に用いることで、
消灯時にパネルが透明に見えるようにした有機ELパネルである。
単に消灯時に透明なだけの有機ELパネルは既に珍しくないが、
東芝の透過型有機ELパネルは一般の透過型有機ELパネルとは異なる独自の素子構造によって、
発光の方向を一方向に絞り込んだ点で、他の透過型有機ELパネルと一線を画す。
「既存の透過型有機ELパネルは表側への発光が2だとすると裏側へも1程度の光が出て行くが、
このパネルでは、数十対1程度の割合で光の出る方向を絞り込んだ」(東芝の技術者)。

東芝 透過型有機EL照明
東芝 透過型有機ELパネル

東芝 透過型有機ELパネル 点灯時


パネルの裏側に多くの光が漏れると、窓などに透過型有機EL照明を用いた場合に、
屋内だけでなく屋外も明るく照らしてしまい、電力の無駄や光害につながる恐れがある。
今回の透過型有機ELパネルであれば、屋外に漏れる光を抑えられるため、
昼間は透明な窓だが、夜は壁照明、といった新しい照明器具が実現しやすくなる。

実際、今回のパネルは2013年2月8日に、東芝ライテックとファミリーマートが、
「ファミリーマート船橋金杉店」(千葉県船橋市)に導入した透過型有機ELパネルと
同じ技術で制作したパネルであるという(関連記事)。

■ワイヤレス給電で利用者がデザインを決める

 東芝などが出展したもう一つの有機ELパネルは、電磁誘導を利用したワイヤレス給電技術で給電し、
発光パネルの配置を利用者が自由に変えられるようにした照明器具である。
 デザインを利用者が変更できる有機EL照明器具は、NECライティングなども開発した例があるが、
給電のために電極がパネルに付けられてあった。今回の東芝などの設計では、電極をなくし、
より簡単にパネルの配置を変更できるようにした。

東芝 ワイヤレス給電有機EL
東芝 ワイヤレス給電有機EL

配置変更の様子
東芝 ワイヤレス給電有機EL 配置変更


関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter