FC2ブログ

シャープ関連 続報

Tech-onより。
Samsung出資は両刃の剣、「シャープの受注急増」は早計だ

本ブログ記事でも記載していますが、
速報:シャープとサムスンが資本提携へ 液晶パネルをサムスンに優先供給
続報:シャープとサムスンが資本提携へ

今回の提携については
短期ではシャープののメリットは大きいが、中長期では供給の安定性の確保は難しく、
一方シャープの液晶以外の事業も含めた経営への影響力拡大、
アップル、ホンハイへの牽制など、サムスンのメリットは意外に大きいと指摘しています。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
シャープは、韓国Samsung Electronics社日本法人のサムスン電子ジャパンに対し、
3580万株の新株(発行済株式数の3.08%)を発行し、1株290円で割り当て、
約104億円の出資を受入れると発表した(関連記事1、関連記事2)。
目的は液晶事業分野での協業深化である。

短期ではシャープへのメリットは大 

筆者は、シャープへの影響を次のように見る。

 まず短期的には下記3点が挙げられる。
 (1)104億円のキャッシュ獲得。ただし、2013年9月償還のCB(転換社債)は2000億円であり、
    金額的な影響は非常に小さい。
 (2)今後の資金調達の実施に向けた信用力向上。金融市場に向けたアナウンスメント効果が期待できる。
 (3)亀山第2工場の減損処理リスクの回避。

中長期では、Samsung向けにパネル供給拡大の“機会”自体は増えるものの、
液晶パネルの供給に「拘束力のある長期契約」という考え方は商慣習上ない。
結局のところ、実現するか否かは、純粋に事業環境と同社の技術力、コスト競争力次第で決まる。

Samsung、液晶以外の事業で買収機会 

一方のSamsungにとってのメリットは意外と大きい。同社にとっては次の利点がある。
 (a)大型・中小型液晶パネルの安定供給元確保。
 (b)第5位の大株主として、同社の経営・技術情報への接近。
 (c)将来的に、同社の情報機器、電池、LEDなど、液晶以外における協業、買収機会の獲得。
 (d)シャープと提携する米Apple社、台湾Hon Haiグループへの牽制。

本提携でSamsungからの受注が急増すると考えるのは早計だ。
実際、Samsungが調達する32型、40型、60型、のうち供給過剰の32型などは、
足元のシャープへの発注量が減少傾向にある。タブレット用パネルもグループ内との同時調達である。
つまりSamsungからすると、シャープは供給者の一つに過ぎない。

また、AppleおよびSamsungの両社との協業は諸刃の剣である。
資金面での協力を仰ぐ代わりに、優先供給や優待価格販売を求められたり、
結果的に独自技術の保持が困難となったり、運営の自由度、収益性が低下するリスクも小さくない。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


ブルームバーグの記事では今回のサムスンの出資は同社の液晶から有機ELへのシフトを
あらわすものだと指摘しています。

サムスンがシャープに救命浮輪、LCD確保しOLEDに注力

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
3月7日(ブルームバーグ):経営難のシャープ に世界トップのテレビメーカーである
韓国サムスン電子が投資を決めたのは、有機発光ダイオード(OLED)技術を採用した
高価格製品への移行を加速させている表れだ。

サムスンは104億円を投じてシャープに約3%出資する。スマートフォン(多機能携帯電話)と
テレビ用の液晶表示装置(LCD)の供給をシャープから確保し、OLEDの開発に注力する。

37兆4000億ウォン(約3兆2300億円)の手元資金を持つサムスンは液晶テレビに比べ
価格が約3倍の超薄型テレビの販売を目指している。
サムスンと同業のLG電子は、シャープとソニー、パナソニックを苦境に陥れた
世界的な需要減速を新技術の開発によって乗り切りたい考えだ。

キウーム証券のアナリスト、キム・スン氏(ソウル在勤)は
「サムスンはLCDの生産を減らしOLED技術に軸足を移している。
LCDはもはや大きな収益源にはならない」と指摘した。

サムスンは1株290円でシャープ株を引き受ける。価格は6日の終値341円から15%割安。
資料によるとシャープの増資は28日に完了する。

米アップルのタブレット型コンピューター「iPad(アイパッド)や
スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」向けLCDパネルを製造しているシャープは、
増資で調達した資金のうち69億円を投じてLCDの新技術を導入する。
32億3000万円はモバイル機器関連の液晶製造設備の合理化等の投資に使う。

OLEDテレビ発売

サムスンはOLEDテレビの販売を今年1-6月(上期)中に開始する計画だと、
同社テレビ事業責任者のキム・ヒュンスク氏が2月に述べていた。

SMBCフレンド証券の中西文行シニアストラテジストは、
サムスンは同社のテレビ用次世代パネルとしてOLEDに大きく投資しており、
シャープへの出資は自然な動きだと述べた。

シャープは台湾の鴻海精密工業グループからの出資に向けた交渉が進展せず、
資金確保の必要に迫られていた。

原題:Samsung Throws Lifeline to Sharp as Galaxy Maker Focuseson OLED(抜粋)

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


一方でHonHaiも引き続きシャープとの交渉を継続している模様です。


ブルームバーグより。
鴻海精密会長、シャープ幹部と7、8両日会談-聯合晚報

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
3月7日(ブルームバーグ):台湾・鴻海精密工業の郭台銘会長は7、8両日、
日本でシャープの幹部と会談し、出資について協議する。台湾紙、聯合晚報が従業員を引用して報じた。

鴻海精密の広報担当ローラ・リウ氏は同紙の報道についてコメントは避けたものの、
出資に関するシャープとの協議は続けるとあらためて述べた。
電話取材に応じた。シャープ広報の中山みゆき氏はコメントを控えた。

5日に予定されていたシャープ側と郭会長の会合は中止されたと先に伝えられていた。

原題:MORE: Foxconn Chairman Meets Sharp Executives, UEN Reports(抜粋)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

日の丸家電の命運 パナソニック、ソニー、シャープは再生するか (小学館101新書)日の丸家電の命運 パナソニック、ソニー、シャープは再生するか (小学館101新書)
(2013/02/01)
真壁 昭夫

商品詳細を見る


日本企業がサムスンから学ぶべきこと日本企業がサムスンから学ぶべきこと
(2012/07/27)
片山 修

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter