三菱電機、空中に映像を映し出せる大型ディスプレイを開発(追記)

三菱電機、空中に映像を映し出せる大型ディスプレイを開発

Mitsubishi_ele_air-screen_image2.jpg
空中ディスプレイの表示イメージ

三菱電機は空中に映像を表示できるディスプレイを開発したと発表しています。
同社は2015年度より、宇都宮大学工学研究科 山本裕紹 准教授とともに、
空中に映像を表示する共同研究を行っていました。


同ディスプレイでは、スクリーンと対にして、ビームスプリッターと再帰性反射シートを配置することにより、
スクリーンの映像の光がビームスプリッターで反射され、この光が再帰性反射シートで反射されると、
光が空中に再収束するという原理を応用。
人の目には、再収束した光が視認できるため、映像が空中に浮かんでいるように見えるとのこと。
今回、スクリーンとビームスプリッターおよび再帰性反射シートの配置から、
空中映像のサイズや空中映像が見える範囲を求める光学シミュレーション技術を開発し、
ビームスプリッターから映像中心部が1メートル以上離れた空中に、
幅886mm×高さ1120mmの空中映像表示を実現したとのことです。

Mitsubishi_ele_air-screen_image1.jpg
空中に映像を表示する原理

また、物理的な手がかりのない空中に目の焦点を合わせることに慣れていない人にとって、
空中映像の表示位置がわかりにくいという課題がありましたが、今回、入力映像を空中映像領域と
左右のガイド映像領域に分割し、3つの領域の映像がシームレスに繋がるように表示できるシステムを
開発したことで、空中映像の位置をより明確化することが可能となったとしています。

同社は同技術について、人型サイズの映像を使った遠隔コミュニケーション用途から
公共性の高い表示まで、幅広い分野での近未来的な映像表現を実現するものであると説明しています。

関連記事
(16/03/19追記)
ITmedia:人が通り抜けられる大型「空中ディスプレイ」、三菱電機が開発

当ブログ関連記事
三菱電機が営業益予想を下方修正、常務「中国の影響表れている」
国内太陽電池4社の前3月期、パネル販売・出荷7%減-シャープなど住宅用にシフトへ
国際ロボット展開催、災害救助ロボやパワードスーツにも視線集まる
三菱重工、原子力災害時などで作業員を補助するパワーアシストスーツを開発

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter