航空機の組み立てをヒト型ロボットで、産総研とエアバスらが協力

MONOist
航空機の組み立てをヒト型ロボットで、産総研とエアバスらが協力

AIST_humanoid_aircraft_making_image1.jpg
航空機内での組み立て作業をロボットで行う(出典:産総研)

産業技術総合研究所(産総研)は、エアバスグループの統合研究開発組織「AIRBUS Group Innovations」および
フランス国立科学研究センターと共同で、航空機内で組み立て作業を行う産業用ヒューマノイドロボットの
研究を開始すると発表しています。



航空機の組み立て製造工程において機内作業は高度な作業技術が必要ながらも、
空間的な制約から作業者に肉体的負担をかける作業であり、共同プロジェクトでは、
その作業を人間に似た体形と多様性を持つヒューマノイドロボットに置き換えることを狙うとのことです。

AIST_NEDO_HRP-2kai_image1.jpg
国際ロボット展のNEDOブースに展示されていた「HRP-2改」

具体的な作業目的としては、組み立て時における機内清掃や計器類の取り付け、
組み立て後に行う点検作業などが挙げられており、産総研のHRP-2やHRP-4などを
開発プラットフォームとして利用するとのことです。
航空機内組み立てという狭い場所での精密作業を手掛けることで、
ヒューマノイドロボットの多点接触動作や全身制御についての技術開発も行うとしています。

開発の成果はエアバスグループでの導入想定事例に基づいた検証が毎年行われ、
EUの研究開発プログラム「Horizon 2020」とも協力していくのこと。
プロジェクトの拠点は産総研の情報・人間工学領域に設置し、代表は産総研 森澤光晴 主任研究員と
フランス国立科学研究センター Adrien Escande 研究員が共同で務めるとしています。

当ブログ関連記事
産総研、有機デバイスを用いて偽造困難なセキュリティタグを開発
産総研など、人の動きや呼吸を検出できる非接触式のフィルム状近接センサー
産総研とTASC、熱/熱水/酸/アルカリなどに強い耐環境特性ゴム材料を開発
産総研、高伸縮性と強靭性を兼ね備えた導電性透明ラップフィルムを開発(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter