パナソニックが中国初の車載用リチウムイオン電池生産拠点を設立

パナソニックが中国初の車載用リチウムイオン電池生産拠点を設立

panasonic_logo_image2.jpg

パナソニックは中国遼寧省大連市に車載用リチウムイオン電池の設計/生産/販売を手掛ける
合弁会社「パナソニック オートモーティブエナジー 大連」を設立したと発表しています。
2017年から生産を開始するとのこと。


パナソニックが中国で車載用リチウムイオン電池を生産するのは初めてとなります。
資本金2億7300万元(約48億6000万円)のうち、中国法人のパナソニックチャイナと大連遼無二電器が
50%ずつを出資してパナソニック オートモーティブエナジー 大連を設立しています。

パナソニックが車載用リチウムイオン電池を生産する海外生産拠点は、Tesla Motors(テスラ)の
ギガファクトリー(米国ネバダ州スパークス郊外)に次いで2か所目となります。
ギガファクトリーでは18650サイズの円筒型リチウムイオン電池を生産する計画ですが、
中国では角型の車載用リチウムイオン電池を生産するとのこと。

中国は環境問題の深刻化によりハイブリッド車/プラグインハイブリッド車/電気自動車の
市場拡大が見込まれています。
パナソニック オートモーティブエナジー 大連では、中国国内だけでなく取引先の需要に対応して
グローバルに供給していくとのことです。

当ブログ関連記事
パナソニックが通期予想を下方修正、中国事業など悪化
GSユアサ、パナソニックの鉛蓄電池事業を300億円で取得
パナソニック、自動車部品大手フィコサへの49%出資を完了
「復活宣言」-パナソニック、18年度までに1兆円規模の戦略投資

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter