独ヘリアテック、有機太陽電池で13.2%を記録

OPTRIONICS ONLINE
独ヘリアテック、有機太陽電池で13.2%を記録

Heliatek_organic_solar-cell_image1.jpg

独ヘリアテック(Heliatek)は、有機太陽電池を用いた太陽の光エネルギーから電気への直接発電において
世界新記録を更新し、有機太陽電池(OPV)多接合型セルにおいて変換効率13.2%の
新記録を達成したと発表しています。


この結果は、同社が過去10年間にわたって、3%から13%以上のセル効率と
継続的な進歩を遂げたことを実証したとしています。
同社は、15%の高性能の有機太陽電池ロードマップを策定しており、これはプラスチックフィルム上の
低分子真空蒸着を使用した、独自の技術アプローチによるものです。

世界新記録を達成したセルは、3つの異なる吸収剤を組み合わせた多接合型の電池。
それぞれ効率的に、450から950nmの波長範囲の緑色、赤色または近赤外光を変換するとのこと。
これらの吸収分子は同社が開発し、特許を取得しています。

新記録を更新したセル効率は太陽スペクトルAM1.5で測定され、実際の設置条件下において、
フラウンホーファー・シリコン光起電力センター(CSP)によって確認されています。

ニュースリリース
ヘリアテック社が有機太陽電池においてセル効率13.2%の世界新記録を更新

当ブログ関連記事
建物の壁面や窓ガラスにも設置が可能に:酸化チタンを透明電極に用いた有機薄膜太陽電池(追記)
高効率ペロブスカイト型太陽電池の製造コストが大幅低減
NEDOら、薄膜系太陽電池で世界最高の変換効率を達成
RATO、有機系太陽電池の実証試験を開始

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter