FC2ブログ

東京の地霊(ゲニウス・ロキ)  4.台東区 上野公園

4.台東区 上野公園
 江戸の鬼門に「京都」があった
 -いまも生きつづける家康の政治顧問・天海の構想

 上野の話。
 上野に関しては高崎線の終点ということもあって「東京の入口」という印象を
 個人的に持っています。
 また博物館や美術館が集中していて、一時期足繁く通った場所でもあります。
 では何故上野にこうも文化・芸術施設が集まっているのか?
 その由来について語られています。

 さて上野には寛永寺というお寺があります。正式名称は「東叡山 寛永寺」。
 立地としては江戸城から見て東北(丑寅)の方角、つまり鬼門です。
 ちなみにこの反対側、西南(未申)方角には芝の増上寺があります。

 上野寛永寺 根本中堂

 この寛永寺、名称が示すように寛永年間の創建とのことなのですが、
 年号を寺号にするのは国家的な重要性を持つ寺院とされていまして、
 例として延暦年間に創建された比叡山延暦寺があります。
 実は寛永寺はまさに“東”の比“叡山”として建てられた寺なのです。
 寺の開基は慈眼大師、世にいう天海僧正・南光坊です。
 彼の目論見とはつまり、江戸を京都に比定するという着想だったのです。
 
 同様に上野の山の下にある不忍池は琵琶湖に比定されます。
 この為に天海は琵琶湖にある竹生島(宝厳寺弁天堂がある)と同じものを
 不忍池に作り、そこに弁財天の御堂を建立しています。
 また上野にある清水堂は京都の清水寺に比定されており、
 そのためこの御堂も清水の舞台と同様に懸造(舞台造)になって
 斜面から迫りだしています。

不忍池辯天堂
上野清水観音堂


 上野はまさに江戸の江戸たる所以を象徴している土地というわけです。

 故に、江戸が江戸でなくなる時、つまり明治維新の際において上野が
 江戸における唯一の戦いの舞台となります。
 それが彰義隊の上野の山立てこもりです。

上野戦争


 対する官軍の指揮官である大村益次郎もそれをわかっていたのだろうと
 筆者は推測しており、「江戸の武士を上野で葬ることで、江戸はその魂をゆずりわたすと
 見抜いたに違いない」と記しています。
 この上野の戦いに持ち込むまでの大村の戦略についても興味深く述べられています。

 そして、これ以降、上野が文化・芸術の土地となってゆくのは、江戸の鎮護の場所に
 対する明治政府の精一杯の敬意があったのだと筆者は考えています。
 
 今後も文化・芸術の土地としての上野の力は続いていくであろうし、
 そう思いたい何かを感じさせるエピソードでした。

関連ページ
寛永寺HP

東京の地霊(ゲニウス・ロキ) (ちくま学芸文庫)東京の地霊(ゲニウス・ロキ) (ちくま学芸文庫)
(2009/02)
鈴木 博之

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter