旭化成せんい−ウエアラブル製品向け伸縮電線に、細線タイプを追加

日刊工業新聞
旭化成せんい−ウエアラブル製品向け伸縮電線に、細線タイプを追加

Asahikasei_roboden_TI_image1.jpg

旭化成せんいは伸縮性に優れたウエアラブル製品向け伸縮電線「ROBODEN(ロボ電)」に、
細線タイプ「同TI(タイプ・インフォメーション)」を追加したと報じられています。


従来、産業向け伸縮電線の外径は4-5mmでしたが、2mm前後にしたとのこと。
ポリウレタン弾性繊維を使い伸縮する特性を生かし、配線時に生じるたるみを解消し、
配線スペースも減らせるとしています。価格は非公表。

今春めどに発売するとのことで、スポーツや医療分野に提案し、
ヘッド・マウント・ディスプレーや衣料型デバイスなどで採用を目指すとしています。

芯数や伸長率など用途に応じて幅広い製品を用意するとのこと。
充電用アダプター、音楽プレーヤーなど情報機器のケーブルでの使用も想定。
水洗いでき、被覆の色も相談に応じるとしています。
また、ロボット向けなどを中心に提案してきた伸縮電線は「同TR(タイプ・ロボット)」として展開するとのことです。

当ブログ関連記事
三菱ケミカルHD、17年めど三菱化学など化学系事業会社3社を統合
糸で回路、生地を基板に“電気製品”作る-テクニカル・テキスタイルが生み出す新市場
旭化成せんい、ナノ不織布フィルター細繊化-繊維孔径0.2マイクロメートル

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter