ディスプレイ以外にも応用範囲が広がるDLP

EETimes
ディスプレイ以外にも応用範囲が広がるDLP

TI_DLP_product_image1.jpg
DLP製品の概要
出典:日本テキサス・インスツルメンツ

Texas Instruments(以下、TI)は、投影型表示デバイスシステムである「DLP(Digital Light Processing)製品」の
産業機器/車載機器用途での事業を拡大させていくと報じられています。


2016年1月29日に東京都内で、同社DLP事業部シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーの
Kent Novak氏が会見し、明らかにしています。車載機器向けでは、2016年から市販車への搭載が始まり
「採用が急拡大していくだろう」(Novak氏)との見通しを示しています。

DLP製品は、MEMS技術を用いてチップ上に数百万個のデジタルマイクロミラーを形成した
DMD(Digital Micromirror Device)を核とするチップセットです。
同ミラーを高速制御し、外部から照射した光を同ミラーで反射させて映像などが作り出せるとしています。
既に、1チップに800万個のデジタルマイクロミラーを形成し、4K映像を生み出すことのできる製品も出荷済みで、
高精細映像の表示を得意にするとのこと。

<累計出荷4000万個突破>

DLP製品の出荷実績は、量産出荷が始まった1996年以降の累計で4000万個を突破。
特に映画館向けでは「(現在の上映方式の主流である)デジタルシネマであれば、10カ所中9カ所の割合で、
DLP製品が用いられている」(Novak氏)と、際だったシェアを誇っています。
また会議室向けなどエンタープライズ用プロジェクターやホームシアター用プロジェクターでも
5割程度のシェアを持つとのこと。さらには、ピコプロジェクター向け製品も展開し、タブレット端末やスマートフォン、
ディスプレイレステレビなどでも「順調に採用数が拡大している」とのことです。

デジタルシネマからピコプロジェクターまで、映像表示ディスプレイ用途での採用を拡大してきたDLP製品ですが、
近年は、その特長を生かし、応用範囲を拡大させています。

<産機、自動車で採用が急拡>
DLP製品の代表的な新しい用途が、産業機器です。
赤外線など不可視光も反射でき、高速にミラーを制御できる点などから、
露光装置や3次元計測、分光器といった用途のキーデバイスとして使用できます。
TIでは、これまで産業機器分野などDLP製品になじみが薄い市場でも、容易にDLP製品を導入できるよう
評価キット/レファレンスデザインの提供を強化し、産業機器や医療機器など
非映像ディスプレイ市場向けのDLP製品販売サポートチームの強化を実施してきています。

TI_DLP_product_for_undisplay_image1.jpg
非ディスプレイ市場に向けた事業強化の内容
出典:日本テキサス・インスツルメンツ

その結果、「まだまだDLP製品全体に占める非映像ディスプレイ向けへの出荷割合は小さいものの、
極めて高い成長率で採用が拡大している。この傾向は、今後、さらに加速するだろう」(Novak氏)としています。
非映像ディスプレイ用途での急成長が“さらに加速する”要因が、自動車です。
TIでは、2013年に車載グレードのDLP製品を開発して以来、自動車市場での提案を実施。
その結果、2016年に市販される自動車のヘッドアップディスプレイ(HUD)の表示デバイスに採用され、
車載市場でDLP製品のビジネスが始まる見込みです。
HUD以外にも、「前照灯の制御用途でも採用が決定している」とし、2016年以降、
「車載向けビジネスは、産業機器向けと同じように急拡大する見込み」(Novak氏)と期待を寄せています。

<用途をさらに広げる可能性のある新技術を実現>

TIでは、DLP製品の高性能化も引き続き、継続するとしています。
2016年1月には、4K対応DLP製品として、ホームシアター用途に対応する低価格版製品を発表しています。

TI_DMD_for_4K_image1.jpg
4K対応DMD。左が、既に出荷済みのデジタルシネマ向け製品(対角アレイ寸法:1.4インチ)。
右がホームシアターなどの用途に対応する0.67インチサイズの新製品

同新製品は、これまでデジタルシネマ用途に展開してきた4K対応製品に比べDMDの大幅な小型化を実現。
従来の4K対応DMDは対角ミラーアレイ寸法は、1.4インチでしたが、新製品は0.67インチとなっています。
価格に直結するDMDのサイズを小型化できた背景には、“DLPの高速性”があるとのこと。
新製品は、マイクロミラーを1秒間に9000回以上、スイッチングすることができ、フレームごとに、
1つのマイクロミラーで2個のピクセルを別個に投影することが可能。
これにより、約800万ピクセルの4K解像度を、約400万枚のマイクロミラーで投影することが可能になり、
DMDを大幅に小型化することに成功したとのことです。

1つのマイクロミラーで2ピクセル分の動作をさせる技術の適用は、今回の新製品が初めてであり、
今後、同技術を他の解像度の製品へ展開することで、さらなる小型化、低価格化が図れ、
DLP製品の応用範囲が拡大することが見込まれるとしています。

当ブログ関連記事
富士フイルムら、640ppiのOLEDパネルを試作
日本精工、露光装置子会社のNSKテクノロジーをブイ・テクノロジーに売却
東レエンジニアリング、インクジェット法によるタッチパネルセンサー製造法を開発
「太陽光発電パネルの効率を3%向上できる」、EVGの反射防止膜塗布装置

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter