東芝、3D NAND製造用に四日市工場の敷地を拡張

EETimes
東芝、3D NAND製造用に四日市工場の敷地を拡張

Toshiba_yokkaichi-plant_new-2nd-profduct-plant_image.jpg
一部建屋が完成した東芝四日市工場 新・第2製造棟  出典:東芝

東芝は2016年2月2日、同社の3次元NAND型フラッシュメモリ(3D NANDフラッシュ)「BiCS FLASH」の
製造施設の建設に備え、四日市工場(三重県四日市市)の隣接地を取得することを決定したと発表しています。


対象となるのは、四日市工場の東側と北側の土地で、取得面積は約15万m2、
取得費用は約30億円を予定しているとのこと。
取得後は、2016年度末までに土地造成を完了する予定です。

新しい製造棟の建設時期や生産能力、生産設備への投資などに関する具体的な計画については、
市場動向を見ながら2016年度中に決定するとしています。

四日市工場では、3D NANDフラッシュ特有の製造工程を実施するための製造棟として、新・第2製造棟を建設中です。
2015年10月には、この製造棟の一部が完成したと発表しています。
ただ、将来的な需要拡大に対応するには新たに3D NANDフラッシュ専用工程の製造棟を建設する必要があり
既存の敷地内には、製造棟を新たに建設するスペースがないため、2次元NAND型フラッシュメモリから
3D NANDフラッシュへの切り替えが必要になった際、製造棟を速やかに建設できるよう、
隣接地の取得を決定したとのことです。

東芝は、2015年12月に行った戦略説明会で、ストレージ事業とエネルギー関連事業に注力すると発表しています。
民生事業を大幅に縮小し、好調だったヘルスケア事業を手放す東芝にとって、
ストレージ事業は“命綱”ともなっている状況です。

関連記事
マイナビニュース:東芝、新たな半導体製造棟の建設に向け四日市工場の隣接地を取得
REUTERS:東芝、四日市にメモリー新棟用地取得 約30億円

当ブログ関連記事
東芝メディカル売却、約10社が1次入札参加 4000億円程度=関係筋
東芝、メモリー除く半導体売却へ 政投銀が買収に関心=関係筋
東芝、業務用ウェアラブルディスプレイを発売(追記)
東芝がリストラ策発表、5500億円の最終赤字へ(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter