2015年の世界スマートフォンメーカー別シェア、成長率ではHuaweiがトップ

ITmedia
2015年の世界スマートフォンメーカー別シェア、成長率ではHuaweiがトップ

2015_smartPhone_WW_share_graph_image1.jpg

米調査会社IDCが発表した2015年第4四半期(2015年9~12月)および2015年通年の世界における
メーカー別スマートフォン出荷に関する調査結果によると、いずれもシェアのトップ3社は変わらず
韓国Samsung Electronics、米Apple、中国Huaweiという順位となっています。


IDC_WW_smartphone-vendor_top5_2011-15_image.jpg

メーカー別世界スマートフォン出荷台数推移(資料:IDC)

第4四半期のスマートフォンの出荷台数は前年同期比5.7%増の3億9950万台、
2015年通年では前年比10.1%増の14億3290万台とのこと。

出荷台数の順位は変わらりませんでしたが、Huaweiの成長率が四半期、通年ともにめざましく、通年では37%。
同社は年間1億台の端末を出荷した史上4番目の企業となっています。
(他は、Nokia、Samsung、Apple)

1位のSamsungの第4四半期の成長率は14%、2位のAppleは0.4%となっています。
Appleは10~12月期の業績発表で、同四半期のiPhoneの出荷台数が過去最高と発表していますが、
前年同期と比較するとほぼ横ばいです。

なお、IDCは以下の表で、Lenovoの2014年の出荷台数およびシェアに買収前のMotorolaのデータを
マージした行も示しています。

2015年第4四半期のメーカー別世界スマートフォン出荷トップ4(単位:百万台)
IDC_WW_smartphone-vendor_top5_2015_4Q_image.jpg
(資料:IDC)

2015年通年のメーカー別世界スマートフォン出荷トップ4(単位:百万台)
IDC_WW_smartphone-vendor_top5_2015_all_image.jpg
(資料:IDC)

関連記事
CNET Japan:2015年の世界スマートフォン出荷台数、14億台超えで史上最高に--IDC調査

当ブログ関連記事
アイフォーン、第1四半期の販売は初の前年比マイナスも
Xiaomi、2015年のスマートフォン販売台数は7000万台--目標に届かず
サムスン、2016年のスマートフォン出荷台数を12%削減か
MM総研、2015年度上期の携帯端末出荷台数を発表――スマホはAppleがシェア50%に

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter