装着型ロボット「HAL 医療用」への保険適用が決定

MONOist
装着型ロボット「HAL 医療用」への保険適用が決定

Cyberdyne_HAL_medical_lowleg-type_image1.jpg
「HAL 医療用(下肢タイプ)」

サイバーダインの装着型ロボット「HAL 医療用(下肢タイプ)」への保険適用が決定したと報じられています。
厚生労働省 中央社会保険医療協議会が2016年1月27日に開催した第325回総会にて承認されたもの。
同社は2015年11月に新医療機器としての薬事承認を取得しており、
取得の際には保険適用申請の意向を示していました。


HAL 医療用(下肢タイプ)の決定区分はC2(新機能・新技術)で、主な使用目的としては
脊髄性筋萎縮症や球脊髄性筋萎縮症、筋萎縮性側索硬化症などの患者に対して間欠的に装着しての、
生体電位信号による歩行機能改善が挙げられています。

保険償還価格については特定保健医療材料ではなく新規技術料として評価し、
技術料は診療報酬改定に伴い評価を検討するとしているとのこと。推定適用患者数は3400人となっています。

関連記事
日経テクノロジーオンライン:ロボットスーツHAL、いよいよ保険が適用
ITmedia:厚生省、ロボットスーツ「HAL」に保険適用 歩行のリハビリに活用

日経テクノロジーオンライン:「ロボットスーツHAL」開発物語 世界に先駆けて進化する最先端人支援ロボット

当ブログ関連記事
医療用ロボットスーツ「HAL 医療用(下肢タイプ)」、新医療機器として了承
「今期中にバイタルセンサーや清掃ロボを投入する」-サイバーダイン・山海嘉之CEO
羽田空港にロボットスーツ「HAL」導入 掃除・運搬にもロボット活用(追記)
サイバーダインの今期見通し、ラインアップ拡充で売上高58%増

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter