FC2ブログ

韓国サムスン電子、第4四半期は16%増益 16年は減益の可能性(追記)

REUTERS
韓国サムスン電子、第4四半期は16%増益 16年は減益の可能性

samsung logo_image2

韓国サムスン電子(Samsung)が発表した第4四半期決算は、前年同期比16.2%の増益となっています。
半導体、モバイル部門が好調だった模様。


第4四半期の営業利益は6兆1000億ウォン(50億5000万ドル)。1月に公表した自社予想と同じとなっています。
半導体部門の営業利益は2兆8000億ウォンと、前年同期の2兆7000億ウォンから増加。
モバイル部門の利益は2兆2300億ウォンと、前年同期の1兆9600億ウォンから増加。ただ、直近の4四半期で
最も低い水準で、前期比では7.3%減少しています。
売上高は1.1%増の53兆3000億ウォン。自社予想は53兆ウォンとなっていました。
2015年通年の営業利益は26兆4000億ウォン。14年は25兆ウォンでした。
期末配当は1株当たり2万ウォンとしています。

サムスンは16年が減益となる可能性があると指摘。
「情報技術(IT)需要の全般的な後退により、16年利益が前年の水準を維持することは困難になる」との
見解を示しています。
また、第1四半期の「事業環境は引き続き厳しい」とし、16年上半期はこうした状況が続くと予想しています。

モバイル部門の第1四半期利益については、新型スマートフォン(スマホ)の発売を背景に
やや改善するとの見方を示しています。ただ、全般的なスマホ出荷はやや減少する見通しとのこと。

一部の投資家やアナリストはサムスンの16年業績について、過去3年間で2度目の減益になると予想。
製品需要の低迷を受けたメモリーチップやディスプレイの価格引き下げが背景だとしています。

サムスンはまた、2兆9900億ウォン相当の普通株と優先株を買い戻し、消却すると発表しています。
昨年に発表した11兆3000億ウォン相当の自社株買い計画の一環で、2度目の自社株買いとなります。

関連記事
(16/02/18追記)
CNET Japan:サムスン電子の第4四半期、純利益40%減

当ブログ関連記事
サムスン、スマホ用AMOLED増産で部品業者に資金提供か タッチセンサー台湾社に
サムスン、2016年のスマートフォン出荷台数を12%削減か
韓国サムスン、「ギャラクシーS7」当初500万台生産へ=現地紙
サムスン、TV用パネルの3割を台湾業者から調達へ 16年
韓国サムスン電子、自動車関連事業の専門チーム設立へ 新収益源を模索

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter