産総研、有機デバイスを用いて偽造困難なセキュリティタグを開発

マイナビニュース
産総研、有機デバイスを用いて偽造困難なセキュリティタグを開発

AIST_organic_securty-tag_image1.jpg
今回開発したセキュリティタグ回路(左)とパッケージに使用したイメージ

産業技術総合研究所(産総研)は、有機デバイスに特有のばらつきを利用して偽造を困難にする
セキュリティタグ回路を開発したと発表しています。


同成果は産総研フレキシブルエレクトロニクス研究センター印刷デバイスチームの吉田学 研究チーム長、
栗原一徳 研究員、ナノエレクトロニクス研究部門エレクトロインフォマティクスグループの堀洋平 主任研究員、
小笠原泰弘 研究員、片下敏宏 主任研究員によるもの。

特許庁の報告によれば、2013年度の模倣品による国内総被害額は1100億円に上っています。
一部の製品では、個々の製品に固有の番号を付加して、トレーサービリティーを向上させ真贋判定に役立てていますが、
バーコードやQRコードなどの印刷された情報や、集積回路に電気的に記録された情報は複製が可能であるため、
偽造品や海賊版が正規品として流通してしまうリスクがあります。
そのため、偽造困難なIDタグなどを利用した、真贋を区別できる製品の需要増加が予想されています。

研究グループが開発したセキュリティタグは、作製時に有機デバイスに生じるわずかな素子間のばらつきを利用して、
同じ設計の回路それぞれが異なった固有の番号を生成するとのこと。
今回、大気中での安定性が高い有機半導体と、有機材料と無機材料を用いたハイブリット絶縁膜を用いて、
わずか2Vで動作するエラー率の低い回路の開発に成功したとしています。
この回路はフレキシブル基板上に作成でき、商品パッケージなどにIDタグとして張り付けることで偽造品などの
流通防止や回路自体の改ざん困難性の向上への貢献が期待されるとしています。

同技術の詳細は「プリンタブルエレクトロニクス2016」で発表されています。

産総研ニュースリリース
偽造できないセキュリティータグを有機エレクトロニクスで実現

関連記事
OPTRONICS ONLINE:産総研,偽造不可能な有機タグデバイスを開発

当ブログ関連記事
産総研など、人の動きや呼吸を検出できる非接触式のフィルム状近接センサー
産総研とTASC、熱/熱水/酸/アルカリなどに強い耐環境特性ゴム材料を開発
産総研、高伸縮性と強靭性を兼ね備えた導電性透明ラップフィルムを開発(追記)
産総研など、太陽光の反射と断熱を1材料で実現できるアルミナ膜を開発

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter