FC2ブログ

阪大ら、プラズマでフッ素樹脂と金属膜を接合

OPTRONICS ONLINE
阪大ら、プラズマでフッ素樹脂と金属膜を接合

Osaka-univ_film-metal_print_image1.jpg
図1 大気圧プラズマ処理したフッ素樹脂(PTFE)上に銅ペーストをスクリーン印刷して作製した銅配線

大阪大学、積水化学工業、日油は共同で、共同でフッ素樹脂と金属膜とを接着剤を用いることなく
強力に接合する技術の実用化を行なったと発表しています。


フッ素樹脂は水や油をはじく性質を持つことから撥水コートやフライパンの焦げ付き防止コーティングを
はじめとして日用品にも広く使われています。また、電気的な特性にも優れているため、
情報通信量の増大に対応する高周波回路用の基板材料としても期待されています。

しかしながらフッ素樹脂は化学的には不活性であるため、
他の物質との接合が極めて困難だという問題があります。

そこで、大阪大学は他研究機関と共同で、フッ素樹脂に対して大気圧プラズマを照射するだけで
接着剤を用いることなく金属膜やブチルゴムを強力に接合する技術を開発しています。

しかし、大学のプラズマ処理設備は反応容器内のガスを置換するバッチ処理方式であり、
また、処理できるサイズは3cm角程度のため、実用化レベルの評価を行なうことが困難であり、
普及への妨げとなっていたとのこと。
そこで今回、この技術の実用化と普及を加速するため、
大阪大学と積水化学工業ならびに日油が協力して技術開発を行なっています。

フッ素樹脂上への金属配線パターンを「プラズマ処理」と「スクリーン印刷」という簡単な2つの操作で
形成する手法を示し、プリンテッドエレクトロニクス技術分野において実現が困難であった
フッ素樹脂ベースの高周波回路基板の実用化への道筋が得られたとしています。
開発した技術により、危険な薬液を用いた表面処理や接着剤を使用することなく、フッ素樹脂表面に金属膜、
金属配線パターンを高密着に形成することができるとのこと。

この技術の適用により、フッ素樹脂を用いた高周波用の高性能回路基板をオンデマンドで低コストに
作製することが可能となり、自動車の衝突予防システム用のミリ波レーダーの普及や、
今後ますます増大する情報通信量を高速に処理する問題の解決に貢献するとしており
さらに、フッ素樹脂表面の金属化の用途が大きく拡がることが期待されるとしています。

大阪大学ニュースリリース
接着剤を使わずにフッ素樹脂と金属を強力にくっつける技術

当ブログ関連記事
三井化学、台湾の金属加工に出資
三井化学、エアロセンスのドローン向け金属樹脂一体成型部品を受注
産総研ら、樹脂-金属接合特性評価を国際標準化(追記)
大成プラスの金属・樹脂接合、中国スマホ大手が注目

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter