NEDOなど、杜仲由来の非可食性バイオマスで耐衝撃性と延性に優れた複合材料

マイナビニュース
NEDOなど、杜仲由来の非可食性バイオマスで耐衝撃性と延性に優れた複合材料

NEDO_Hitz_totyu-compound_image1.jpg
動的架橋法のイメージ図
 
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と日立造船は、木本植物である杜仲(トチュウ)由来の
非可食性バイオマスを利用した高機能複合材料の開発に成功したと発表しています。


同複合材料は、杜仲由来のバイオトランスポリイソプレンを、
汎用性バイオポリマー(ポリ乳酸)に10~30%複合した動的架橋により、
脆性が弱点であった従来の市販ポリ乳酸に比べ、耐衝撃性が約16~25倍と改質されています。
また、引張特性のひとつである伸びについても約9~30倍と機能改質。

NEDO_Hitz_totyu-compound_image2.jpg
動的架橋法による分散性が改善された電子顕微鏡写真

今回の動的架橋法には、「リアクティブプロセッシング技術」という混練装置内に架橋剤を少量添加し
ポリ乳酸へのバイオトランスポリイソプレンの分散性を改善させ微分散化させる手法を採用しています。
この手法での動的架橋技術は、実生産に向けたスケールアップを比較的容易に達成することが可能とのこと。

同複合材料は、3Dプリンター用樹脂、成形加工を必要とする自動車や輸送機器の内装、
生体材料分野への活用が期待されます。
成果は、「nano tech 2016 第15回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」において展示されています。

当ブログ関連記事
生産性10倍の炭素繊維製造法、ライバル4社が手を組み開発
NEDOら、薄膜系太陽電池で世界最高の変換効率を達成
日本ゼオン、SG法用いたカーボンナノチューブの量産工場が稼働開始
NEDO、仏リヨンに太陽光発電量が消費上回るポジティブ・エナジー・ビルを完成

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter