オハラ、超低熱膨張ガラスを増産へ

OPTRONICS ONLINE
オハラ、超低熱膨張ガラスを増産へ

Ohara_glass_Oven_image.jpg

オハラは、極低膨張ガラスセラミックス「クリアセラム™-Z」への需要増を背景に、
大型ガラス熔解炉の設備増強を行ない2基体制とし、ガラスの安定供給と更なる需要増に対応するとしています。


この製品はガラス相と結晶相の2相構造からなるガラスセラミックスで、
熱膨張係数を限りなくゼロ(管理幅±0.1×10-7)に近づけることを実現しているとのこと。

一般的に物質はすべて熱膨張します。ゼロ膨張特性発現の原理は、熱膨張するガラスの中に
熱をかけると逆に縮む性質を持つ特異なナノレベルの結晶を析出させ、ガラスの熱膨張を相殺させるというもの。
析出する結晶は数十ナノレベルのため、透過用途での利用も可能なほか、硬質なセラミックの特性を備えつつ、
ガラスと同じ切削・研磨性、マシナブルセラミックスレベルの微細加工特性を実現しているとのことです。

このガラスは宇宙の起源に迫る世界最大の国際望遠鏡プロジェクト、
TMT(Thirty Meter Telescope)計画の鏡材(直径30mの鏡として使用)として採用されているそうです。

そのほかにも、4K、8Kテレビやスマートフォンの画面に採用されている有機ELディスプレイ(OLED)を
製造する露光装置や、半導体露光装置の構造部材にも、キーマテリアルの一つとして採用されています。

>オハラ、耐衝撃・高硬度クリアガラスセラミックスを発売

オハラニュースリリース(PDF)
~世界最大の望遠鏡に採用された極低膨張ガラスセラミックス~
クリアセラム TM - Z の生産増強を行います


当ブログ関連記事
日本電気硝子、熱膨張係数のバリエーションを揃えた基板ガラスを発売
SCHOTTの薄板ガラス、スマホの指紋センサーカバーに採用
旭硝子、UV・IRカットリアガラスを発売
日本板硝子、サーモクロミック調光ガラスを試験販売

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter