タツモ、シート型無機ELを応用−「光る折り紙」開発

日刊工業新聞
タツモ、シート型無機ELを応用−「光る折り紙」開発

Tazmo_EL_origami_image.jpg
タツモの「光る折り鶴」

タツモはシート型無機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)ディスプレーを使った光る折り紙を開発しています。
ある程度折り曲げることが可能で「鶴」などの形に仕上げられるとのことで、年内の発売を目指すとしています。


第1弾として乾電池で稼働する「光る折り鶴」の置物を試作。販売価格は数千円で調整するとのこと。
日本的でユニークな飾り物として、訪日外国人観光客向けのお土産需要などを開拓したい考えです。

無機ELディスプレイは、電圧をかけると発光する無機物を利用しています。
タツモはこれまで、同ディスプレーを照明分野に展開してきていますが、
さらに新たな用途として、インテリアや装飾品などの分野の開拓を進めています。

Tazmo_logo_image1.jpg
https://www.tazmo.co.jp/

当ブログ関連記事
SHIBAART、無機EL塗料の吹き付け技術を開発-高級品ニーズ開拓
くしゃくしゃに折り曲げても大丈夫 -東大が薄型フレキシブル有機LEDを開発
京都薄膜応用技術研究所、ITO膜を超える低抵抗・高透過の新導電膜を開発

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter